三人組

ラベルが付いている三人組以下sexnoveller。

私の彼氏は[パートI]悪用され

私はこれがどのように一般的であるかわからないが、ここでは完全に現実から撮影の話です。

私はいい子だったことはない、私は知っている。
[...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (70投票、平均:2.61 5のうち)
Loading ... 読み込んでいます...

1067 e.krでカイロ、

Alessiaはコンスタンティノープルからカイロへのスレーブキャラバンで多くのミルを訪れていた。 それはほとんどキャラバンを取った1が、Achmed Khidrという年上の男だった。 すべてと皆のための角質だっriktgit汚い老人。 [...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (39票、平均:2.08 5のうち)
Loading ... 読み込んでいます...

仕事の後

私はちょうど40になっている、と私の夫は、私は今、私たちは前にほぼ15のために会ったときと同じくらいいいよと言います。 私は彼と他の何よりも私たちの小さな娘を愛して、さらに浮気を考えたことがありません。 [...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (41票、平均:3.00 5のうち)
Loading ... 読み込んでいます...

私は男と妹が好き

我々は私のベッドで横になり、キスをしたと私は私の皮ひもの内側に手を感じた。 彼の舌は私のもので演奏。 [...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (34投票、平均:2.56 5のうち)
Loading ... 読み込んでいます...

チャンスは3つを提示した場合

私は私の新しいコースを開始していたのに、今ではクラスのパーティーのための時間でした。 私たちは責任を取って、彼女のアパートでパーティーを開催したコースでの一人と会った。 ビールは冷蔵庫の中に、ワインが開いたとされたドリンクが消費された。 少年たちは、より多くのボーカルになって、いくつかの女の子のクラスに浮気しようとし始めていた。 [...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (86票、平均:3.40 5のうち)
Loading ... 読み込んでいます...

下宿人としての私の時間。 パート2

一緒に私たちの最初の性的冒険の後に、それは多くの楽しいことを起こった。 Cissiと私はしばしばお互いにセックスをしたともジャネットとAndersはよく見て、私たちに降りてきた。 時には私たちはそう毎年4またはセックスをした、それだけだった一緒に楽しんだ私達の2つまたは3つ。 [...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (95投票、平均:3.47 5のうち)
Loading ... 読み込んでいます...

姉妹

我々は、ちょうどお店に入ったり飛び出した後に町から帰って服を試してみました。 店舗で
私はあなたが私のコックを吸っていた衣服を試してみましたが、あなたの喉の看護の深いそれを取る。 [...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (43票、平均:2.70 5のうち)
Loading ... 読み込んでいます...

今日アマランテを懸念

ストックホルムのクングスホルメン上アマランテ...ここでは、私は確かに20倍以上だった。 彼らのロビーとバーでは、短い会議を開くのに最適な場所です。 もう一つのお気に入りはVasagatanでノルディックライトホテルです。

今日では、ロビーで人の往来がなかったと私はコーヒーを注文しました。 私は早く10分であった。

ブログのテーマは "家族"であり、それが今日いくつかを満たすために良いことだフィット。 この会議は予定されていますが、私たちはお互いのホールドを持って、私が前に会っていませんでした。

[...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (21票、平均:2.38 5のうち)
Loading ... 読み込んでいます...

私たちは彼女の幻想を満たすために役立っ

私は訓練から自宅途中に車の中で座っていたとき、彼らはと呼ばれる。 私たちは見られることについて話しましたが、全く時間を見つけていなかった。 私が直接来ることができれば、今、彼らは疑問に思いました。 私は時計を見て、私を止めることができる何かを考えることができませんでした。 さらに、私はそれらを見ることは非常に興味があった。

彼らは自分自身を呼び出すように "Vänninorna"は別々の記述の価値がある35歳の二人の女の子です。 我々は彼らロッタとみんな呼んでいます。

ロッタは、ITのセールスマンとして働いて、1つの子の母、分離住んスウェーデンの女の子です。 彼女は非常に短く、細い、暗いブロンドです。 フィット。 彼女の体は日焼けして、彼女は小さな円錐形の胸を持っています。 私たちはお互いに話を聞いたとき、彼女は常に警告と幸せに聞こえる。 彼女は多くの作品と伝わるが、彼女は常に包括的なレジャーのための時間を持っている者の一人であると思われる。 彼女はストックホルムの中央部に彼のアパートへの扉を開いたとき、彼女は完全にありのままだったとストレートの髪をポニーテイルに設立されました。

[...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (32票、平均:3.06 5のうち)
Loading ... 読み込んでいます...

柳の間

私に従ってください - 、彼は私の耳元でささやいた。 私が言われたように私が行なったし、我々は群衆を通して我々の道を蛇行。 彼は私の手を取って、通りで私を引っ張り出し、それはまだ時計が1に近づくようになった暖かかった。 それは夏の終わりだったと夜が暗くなりはじめた。 私たちは離れて我々がどこから来たナイトクラブから、公園に向かって急いで去った。 彼は大きな柳の木の下に私を引っ張って、私に熱いキスを始めた。
[...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (23票、平均:2.91 5のうち)
Loading ... 読み込んでいます...