正方形

ラベル四角でマーク以下sexnoveller。

SWINGERLIVET 1へ行く途中

私は私と私のパートナーが生命遊び人に私たちを見上げていた方法をご紹介したいと思います。 私は多分思い切ってと、それを試すために他人をinspirereraことも私はイベントに戻って考えることを愛しているので、それを行いますが、 [ ...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (25票、平均:3.32 5のうち)
Loading ... 読み込んでいます...

橋の夕べ

- さて、次に我々は同意するものとします。 あなたは金曜日に歓迎されています。

彼女は私に微笑みかけ、私が来た場合、それが彼女を喜ばせることを知っていた。
彼女は私が最近に引っ越し町の司書だった。 私はいくつかの本やビデオテープのカップルを借りていたと我々は会話を始めていた。

それは彼女が彼女の恋人といつものBridgenで今週のパートナーを持っていなかったことが判明した。 いくつかの橋のスナックの後に我々は合意した。 私はギャングで "女の子"のいずれかを置き換えることになります。

私は橋の多くをプレイしていたし、良い結果といくつかの主要なトーナメントに関わって。 それは、プレイするのも楽しいでしょう。 私は金曜日の夜を楽しみにしていた。

私の司書はモナと名付けました。 彼女はかなり丸いけどスタイリッシュだった。 彼女の美しい属性は、彼女の胸でした。 私は家に歩いていると、私は心の中で彼女を持っていたし、私の心の目には、大規模なソフト、そして魅力的な、彼らを見た。 それは愛撫彼らにとっておいしいことと彼女のおっぱいを吸うと思います。 しかし、実際に、それはおそらく私が検討すべきものだった。 それは橋、他には何でしょう。

金曜日の夜が来て、我々は現在、モナに集まった。 どこにエヴァとサラは私以外にいた。 サラはbathmasterとイブは高校で教えていた。 サラは背が高く、金髪であった。 彼女は美しいアーチ型の唇を持っていて、髪をおかっぱ。 彼女は非常に短いドレスを着ていた。 彼女の目は私のものに出会い、彼女の笑顔は、彼女が幸せで、オープンの人だった私に言った。 エヴァは、しかし、より多くの予約に見えた。 しかし、彼女は、きちんと服を着て激怒し、彼女は王と一緒に食事にあったかのように優雅だった。 彼女は私の手を取り、私に照れ笑いをした。

[...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (28票、平均:3.39 5のうち)
Loading ... 読み込んでいます...

キャンプ場

Danne休暇の最初の日、彼は来て、車の中に連れて行ってくれました。 私たちは週に西海岸とキャンプに行くだろう。 私たちはキャンプ場に着いたときに満ちていたが、我々はいくつかの木と大きなキャラバンの間スランプに場所を見つけた。 後ろに植え込みました。
キャラバンのカップルが見ている間私たちは、小さなテントを打ち出した。 ダンは自分自身にbadshortsenていたと私はビキニを持っていた。
- 水の最後の一つは鍋ですが、私は悲鳴をあげ、ビーチに向かって走った。
ダンはすぐに私に追いついて、我々は右の水に走ったとして、私の手を取った。 それは、最初は少し肌寒いでしたが、それはよかった。 我々は、私たちから塩を浴びせた後、しばらく泳いで、テントに戻った。
それがテントポールに入ることはほとんど不可能であった、と我々は強打するのは良い何も持っていなかったので、それは地面に一生懸命だった。
- あなたはキャラバンに人を叫んで、ハンマーを借りたい。
- はい、それは素晴らしいことだ、 'ダンは言って、去っていきました。
すぐに彼が戻ってきましたし、時間がないピンをノックダウンした。
私はハンマーで戻って、私は彼の毛むくじゃらの胴体にチェックしながら、融資のために感謝した。 彼は彼の50年代にあったが、非常に新鮮に見えた。 彼はローランドとしての地位を提示されると、彼があまりにも私にチェックインしました。
[...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (66票、平均:3.41 5のうち)
Loading ... 読み込んでいます...

マリカの彼氏

私は、以前私のパートナーぴあと私は友人マリカ(ノベル "我々の友人マリカ")とのセックスを始めたかについて話しました。 私たちはしばしば会って、一緒に絶対に豪華三つ巴を持っていた。 マリカが男に会っている間それは彼女が私たちの性生活の外に消えていることを意味インチた後、彼女は明らかに動揺し愛になりました。 マリカは私たちの性生活の一部になってからぴあと私は同じくらい私たちの二同じsexförhållandeがずっとよくなってやらなかったとして、これ、自分ですることによって取得しなければならなかった。
[...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (31票、平均:3.13 5のうち)
Loading ... 読み込んでいます...

完璧な贈り物

エマの笑顔、彼女は今日、彼女のボーイフレンド19を回す彼女に1överaskiningを配置している。
マーカスはドアから入って来て、彼は自宅の居間に見えて、彼女を見ている。
- "蜂蜜こんにちは、あなたは準備ができていますか?"
彼は、彼らが16センチメートルのかかとで、シャワー剃るとその最高のかかとを置くためにいたずら好きな、彼女が受けていた命令を笑顔...
彼女は彼とキス激しく彼に歩み寄っ。
- "あなたは次の計画したものを私に教えてください? '
マーカスはすぐに知っているだろう、笑う。
[...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (92投票、平均:3.27 5のうち)
Loading ... 読み込んでいます...

内在するとして私の時間

私が19歳の時、私は別の都市で勉強開始します。 いくつかの検索の後、私は彼の地下に部屋を借り、35歳のペアを発見した。 地下では、彼らはテレビと簡易キッチン付きの共用リビングルームで家賃のための2つの部屋を持っていた。 テナントには、シャワーとトイレ付きの家のサウナエリアへのアクセス権を持っている。 私は隣の女の子だったもう一つは部屋を借りるだろうと言われました。 それは異性の1とスペースを共有しても大丈夫だった場合アンダースとジャネットは、カップルが呼ばれたように、尋ねた。 私はまだ、彼女はそれが邪魔を見られるような何も反対がなかった。 彼女は既に質問されていたと私は部屋を借りることを受け入れのでアレンジメントを承認した。

[...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (146票、平均:3.92 5のうち)
Loading ... 読み込んでいます...

遊び人で他の人と私のパートナーと私

我々はラスベガスにいた数日後、私たちはホテルには、出会い系コミュニティのテーマを選択していたことに気づいた。 ホテルでは、愛撫に無料だったし、お互いに手を触れたが、誰が何を意味しません、彼らは注意していません。 私のパートナーレナ私は今、免除しなければならなかったし、私は今、私は他の花嫁をファック見てみたかったと言っていたこと。 確かにそれは大丈夫だと思ったが、私はまた彼女が他人に犯される見てみたかったので、サイトに行くと私たちができる限り多くを蓄積することを決めた。
[...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (41投票、平均:2.61 5のうち)
Loading ... 読み込んでいます...

私の妻との最初の三人組

私の妻、マギー、と私はもう何年も前に結婚し、私たちは別の男を想像ので毎回、私たちはお互いにあっていた。 しかし、彼女はノーと言ったので、私は私たちの空想を実現しようとしないとき、私はあえてしない。 ことは、私たちの空想が、そのことについて、彼女が側にあり、別の男のペニスが後ろから彼女を取りながら、私は、彼女の美しい胸にキスをするということです。 私たちは、ポルノをたくさん読んだが、それは我々が何を夢見ていませんでした。 それは、常にコックを吸うと彼女のお尻にファックしていたところだった。 だから最後に私たちはその今しかないことを決めた。 [...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (90投票、平均:2.81 5のうち)
Loading ... 読み込んでいます...

味の週末

私と私の妻リナは、その夏の家に私たちの友人のトーマスとアネットと週末を過ごすために招かれた。 それはマーティンとアサと呼ばれる我々は知りませんでした別のカップルであろう。 土曜日の朝、我々は車を詰めて車で1時間程度であったコテージに追い払った。 私たちは本当に夏の暑さの中でいくつかの怠惰な日を楽しみにしていました。
[...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (平均127票、5の3.89から)
Loading ... 読み込んでいます...

エヴァやスキーチーム

エヴァは少し山のホテルでホステスとして仕事を得た。 彼女は仕事を得たことを幸せだった古い小さな暗いかわいい曲がりくねった22年でした。 スタッフは彼女にとって本当に素敵でしたが、それは、冒頭に孤独だった。
それは一年前に彼女のボーイフレンドと一緒に取り上げられていたとイブは親密を待ち焦がれていた。 シェフのエディ、かなりsmåfet魅力のない男は彼女に出会ったが、彼はかなり面白いものだったにもかかわらず、それが面白いようには見えなかった。 それは自分の年齢にもかかわらず、非常に軽薄だったと様々なふざけた態度にイブをもたらしたアサとブリットに面白く感じました。 [...]読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (71投票、平均:3.04 5のうち)
Loading ... 読み込んでいます...