スウェーデンのmatrixjoga - エロティックな物語»2008»11月

職場でのシャワーである。 (ファンタジー)

それは夜にナイトクラブでかなり観客であろう。 バーの後ろに私の仲間は、それがチケットの大きな需要であると言いました、それはDJが思考を腫れていたゲストと、成功となります。
我々は、セットへのバーと2への余分な二つに呼ぶことに決めました。 疥癬と私は飲み物と撮影を担当していたと他の人はビールを担当した。 警備員は20.30で入ってきて彼らは人々がそうでなければトラブルの可能性があったせ始めることを余儀なくされたその外側には、このような圧力であると言いました。
[...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (13票、平均:3.15 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

Lisenとのミーティング。 パート5。

パート5。

AV。

卿Gothenburger

私はタオルに手を伸ばし、私は彼らに腫れて唇にキスする前に、もう一度少し強気の猫を拭くと、人差し指は "茶色の目"の上にスクラッチを簡単にネイルしま​​しょう​​。
私は次のように聞こえるLisenのブツブツ何かを聞く。
- いいえ、Goteは、もう今、私はもっとやれると思いません。 そしてそれはお尻のままにします。
- 安全に対処します。 あなたはまだ若いんだ。
[...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (26票、平均:3.42 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

師弟

マーティンはリネアに微笑んだ。
- "これは本当に良いです、あなたは執筆時点でもいいです。
あなたはこのように続けば、あなたは間違いなく "VGを持っている
リネアは彼に恥ずかしそうに微笑んだ。
- "ありがとう..."
彼らの古い先生が引退したので、彼女は次点だったときそれは今高校2年の後半でしたが、マーティンは、スウェーデンの教師を始めた。
マーティンはかなり背が高く、31歳であった形にとどまることを見て、彼の目は茶色と濃いたが、彼は素晴らしい頬骨と激しく乱れた髪をしていた。
彼女は次のあご彼女が彼を初めて見たを失っていた、と何度も彼女は彼が考えた方法魅力的な孵化に近接してきました。
リネアは、マーティンが彼女に話していたその彼の考えから、目を覚ます。
- "何か他のものはありますか?"
彼は彼女に微笑んだ。
- "いいえ...それとも...私... ohmm ...私はあなたは非常に魅力的だと思うと..."
[...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (45票、平均:3.49 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

私のファックバディ

私はとても角質私の神。 彼のコックのボルト。 精液が出なければなりません。
私は女性を求めています。 しかし、私は誰を得ることができますか? 今、この時間に。

それは朝の6人だけです。 私はちょうど目が覚めました。 美しい夢の途中で。 しかし、それは間違った時に中断した。 私は指でマッサージのように夢の中で私はちょうど約ぬれたペニスは、大きな猫を入力すると思います。 素晴らしく大胆な角質から私を見て膨らんだ猫
空気中であなたのお尻で私の前に立っていた女性。 夢の中で私があった素晴らしく角質感じました。

しかし、私はその後目が覚めたが、私の精液を撮影する。 私はそれだけで一つのことであった今を知っていました。 喜んで、美しい猫のホールドを取得する。 私は、私の選択を知っていた電話を取って、Sveaアップと呼ばれる。

唯一のいくつかの信号の後、私はワイヤーで彼女を持っていた。

- O私の神、主、Svea、私はstörtkåt。 すぐに私に来る。

[...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (21票、平均:2.76 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

雨は、私が外出する私を引っ張って終了することはありませんように見えたが、私はする必要があります、私は冷蔵庫を空にして私がだった空腹と思います。

私は店に行ったとき、それは買い物するのは簡単でした。 ない群衆、事実でない単一の顧客インチ

それは、私は女性がショッピングカートから商品をアップロードされて気づいたチェックアウトに達したときだけだった。 突然、彼女は床の上のバンドルを失います。 私は、かがむパッケージを取ると、彼女にそれを与えます。 私は彼女に微笑んで、驚くほど良い香水を知っているし、応答のおかげで美しい笑顔を得る。

その瞬間私は彼女が私が欲しかった女性を知っていた。 私は完全に彼女の女性の美しさ、官能的な胸、輝く目、美しい髪のすべての非常に美しい脚に魅了された。

我々は、店の外に伴っていた。 私は彼女をちらっと見て、温度が私の中でバラを再度感じました。

雨が増加した。 彼女は私に彼女の車の座席を提供するとき、私は嬉しかったです。 我々は、話し始めた私達を導入しました。 彼女は彼女が佐賀と呼ばれていたと彼女は最近離婚したという。 私は私のアドレスについて話すことができる前に、彼女は私が彼女に家に帰るとお飲み物を調理しているべきであることを示唆した。

[...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (11票、平均:5の3.00より)
Loading ... 読み込み中...

エリック2 -ラム

今、私は全く新しい人だったので、私はsexdebutを作った今、とにかく、と感じました。
[...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (26票、平均:3.42 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

エリック- 1デビュー

今夜、私は起きてトイレへ向かう途中にあったとき、母親の、父親の寝室の予期しない音を聞いた。 私は母親がうめきを聞いた。 私は寝室のドアに忍び寄っ。 私はに見られるように、それは少し半開きに立っていた。 私はすぐに行く特別な何かがあったことがわかりました。 お父さんはお母さんの上に置き、彼の背中が発生し、母にまで低下した。 私は、彼らがめちゃくちゃ実現しました。 私が前にない見たことがなかった。

[...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (33票、平均:2.85 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

フェストファック

私の名前はアニタです。 今日、私は奇妙な夢で目が覚めた。 包皮は、右の目の前に引っ張られ、私の顔に近いと私は大きな、bamsigコックを見ました。 kukens開口部に、私は精子の大きなドロップを見ました。 私はそれから自分自身を距離を、私の口にそれを撮ってみました。 しかし、それは消え、私は目が覚めた。

私は、起きてシャワーを浴び、バルサム油と私の体をこすりつけ、私の胸の間に少し香水を滴下。 私はおそらく私が今まで夢で見た彼のコックのメモリに、少し角質と感じ、そうではありませんでしたが、私は男に憧れている。 多分私は今日彼を見つけることができます。 私の友人カレンと私は街を歩くとレストランに行くと思います。 多分私は見栄えの良い人で一緒に戯れることができます。 だから今私たちは服を着てraffigtと魅力的でなければなりませんでした。 私はhalvkupigブラジャーと深いデコルテブラウスとスリットスカートとハイヒールに置く。 私たちが会ったときカリンによって賞賛された、ドレスのほとんど罪深いと感じました。

後の時間の徒歩約カリンスリムと私は、ラグーン、市内のホットスポットのいずれかを入力します。 我々は、白ワインのボトルを注文し、お互いをトーストし、部屋を見回した。 いくつかのテーブルが離れて私たちの時代の紳士のカップルが座って、本当のギャルズのカップルは、私たちは考えました。 特に、それらのいずれかに私の注意を引いた。 彼は黒髪だった彼の唇にストレート細かい鼻、比例して耳との幸せな笑顔を持っていた。 彼は興奮して彼女の友人に話していた。

[...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (16票、平均:3.38 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

クラブ

これはswingerklubb本物のカップルの冒険の物語です。

ロジェに指示

私はKickanに結婚しています。 長い結婚生活が続くほど、私は彼女に感謝するようになりました。

私たちの結婚の初めに彼女は私が頻繁にhalvkåtするために呼び出されます。 あなたは性交時にセクシーな、本当に角質がなり、彼女は言った。 どちらも、角質でなければなりません。 その後、最も美しいファック。

私は彼女と一緒に同意する必要がありますね。 我々の両方が角質打ち倒されたときに私が一番覚えているファックです。

Kickan私は少なくとも1日1回ジャークオフに発生しました。 それが私たちのセックスのために良いですが、彼女は言う。 そして、あなたの健康に良い。 どうもありがとうけいれん、と彼女は言う、あなたの精子の生産を増加させる。

だから今私はいつも目が覚めた直後にオフけいれん。 私はよく夜のサービスを持っていてスリープ状態にする必要がありますKickanを起こしたくはありません。

[...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (9票、平均:3.22 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

素敵な夜

この物語では、主に真である個々にどのように彼らは夜を経験する方法、二人の恋人、アンナとアダムに指示します。

アダム
私は教師としての私の最初の仕事を取っていた。 私は3つの中等学校の授業で、英語とスウェーデン語教えていました。

学校は比較的新しいものでした。 それが楽しいと整然とした。 私は自分の時間を楽しんだが、私は私の最初の教育の仕事に出ていたので、それは私にとって大変でした。
土曜日が来たとき​​、私は一般的にかなり疲れていた。

しかし、この土曜日は異なっていた。 私のクラスのカップルがキャンセルされていたと私はサンプルや他の学業のパッチが追いついていました。 私は年齢で初めてこのようであった、素敵な私が起きたときに更新され、いつものように私自身の小さな運動プログラムを実施

[...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (7票、平均:2.71 5のうち)
Loading ... 読み込み中...