Emelieの野生生物、パート2。

はじめに

廊下の証明は非常に成功していたとはEmelieを通して座った人々と非常によくで来ていた。 マリアはスポンジケーキを焼いて、紅茶とコーヒーを持って招待した - それは明らかに回転基礎のいくつかの並べ替えで、毎週日曜日の夜、それはコーヒーのために立って誰かの番だった。 5プラスエミリー自身 - 今週の日曜日、廊下に沿って住んでいた人たちのほとんどが参加しました。 どうやら、それはそれ以上だったこと頻繁にありませんでしたがEmelieは、彼女が出会った5人がいいと実際にはかなり面白そうだったことはすでに感じていた。 学校の先生などロック少女トバブロンドになるだろう30代で大きな騒々しい女性アンダースの名前本当に可愛い男とピエロのビットであるように見え、マグナスと呼ばれていました染めた黒い髪を持つ背の高いポピーの男、エヴァ - それは、メアリーと彼女のボーイフレンドだったでしょうとフィンランドの女の子に挑戦。 それは誰にでも話すことは簡単だったでしょうとEmelieはすでに彼女が好きだったことを知っていました。 負していた唯一の事は、他の一つは廊下で、夜1時にhemrumlandesに来たときだったと台所に座っていた6人の怒ってblängt。 男は酔っていたかもしれない人、または、ほぼ1.90と多額の樽とは - 彼は上の古い摩耗スーツを持っていた彼が部屋に過去の消えたときにそれが煙臭い。 Emelieフェルト彼が不快に思われたが、彼はヨセフが、彼はいくつかのコースを読んで、永遠の学生であった男の名前を言った時マグナスは彼女を落ち着かせていたが、さらに下の家の廊下で3つの類似のタイプと一緒にほとんどの時間を費やしました。 ここに廊下に、彼は明らかに彼自身のためほとんどです。 コー​​ヒーは手遅れだったと彼女は新たに作られたベッドに潜り込ん喜びがあったことを思い出しました。

- 新しい世界

それは三週間だったとEmelieは市庁舎と新しい街に戻って今の家でした。 彼女は本当にウプサラを愛し、市が提供しなければならなかったことすべて。 宗教科学プログラム - - 教育に登録した後、彼女はホスト国*の新入生になることをスモーランドの国家へ向かう途中にあった。 途中で彼女はマリアと彼女のボーイフレンドのアンダースと駆けていた、彼らは代わりにウプランドに参加する彼女を説得した。 彼は彼女が後悔しないことを約束した場所アンダースがアクティブだったので、彼らは、国家が良いと主張しました。 エミリーは難しくありませんでした彼女は、彼女はウプサラでそうでなければ事実上単独でだったのでマリアとアンダースと一緒にいるから得るために多くを持っていた気づいたとき説得した。 その後、彼らは休憩を取るに行って、ウェインのと呼ばれる魅力的なカフェで終わった。 カフェラテ初めてinmundigat後、彼らは数時間座っていたとEmelie、彼女はさらに2つを考えるようになったと感じました。 メアリーはウプサラ出身で、Emelieより3歳年上 - 22年 - 外軍事独裁政権のために彼女の両親は、チリから1970年代初頭にここに来ていた。 メアリー自身が生まれ育った街で、おそらく多くのチリ人以上のスウェーデンのように感じました。 Emelieよりも短い - - と徹底的に曲線美がよくエアコンの方法で、彼女は短いものだった。 彼女は、週に数回訓練を受けたサルサのインストラクターであり、それは本当に見えた。 エミリーは、本当にこれらのタイトな黒服の間にあることを想像 - ポロシャツとストレッチジーンズ - ウェル層の美しいボディを隠した。 バストは寛大だった白鳥を求める人々のお尻は、多くのラテンアメリカの女の子であることに方法に合わせてその時点で広がっていた。 カーリー黒い髪は光沢のある健康であったと囲まれ、それはかなり十分すぎるほどとエミリーは、彼の生い立ちについて話してくれた大きな茶色の目が緩んで興味に直面している日焼け。 両方ともポジティブなエネルギーと幸せとバブリングであったがアンダースは、メアリー反しての通りであった - 彼は低く、狭いでしたが、よく訓練された筋肉でTシャツタイトな赤に対して屈曲。 彼は日焼けと短い漂白先端のとがった毛を持って、常に手に笑顔を持っているように見えました - ので、たとえ冗談を。 彼は環境についてのコメント外heavedや彼の人生からの逸話を語った後、数回私はほとんどけいれんをEmelie。 28年 - - 彼はメアリーよりも古いとウップランド国家だけでなく、テクノDJでのみアクティブではありませんでした。 彼の緑色の目が色を付けられたレンズのように見えたと何度も舌にピアスを棒で彼をfipplade。 彼はまた、Emelieが繰り返し目に逮捕された下唇ピアスを持っていた。 fikanので、それらは不可分であった - 彼らはそれに時間を費やし、毎日、それが可能であったカフェの上、またはすべてのスポットの一つで、テレビで映画の前で、自分の部屋であった。 これらの3週間の間に、Emelie彼女はさらに近づくことができていないことが物事を体験する時間を過ごしました。 とりわけ、彼女は一晩を介して自分の道をパーティー、彼自身の想像力以外とセックスの話、彼女は数えきれないほど多くの人によってオンraggadになっていた。 彼女が人生を生きてもあなたはわずかな誤算はすぐに彼女がトラブルに得ることができることを意味するかもしれない場所に注意しなければならなかったことを理解した。 とにかく、彼女は毎晩家と呼ばれ、彼女は確かに行儀の良いと熱心に研究したという彼の心配両親の保証 - 彼らだけ知っていれば!

その金曜日の夜に - 彼女はウプサラに到着した3週間後に - それが彼らの背後に、今週の試験を再提出し、実際に地域に存在していた野生のナイトライフに出て行く時間だった。 エミリーとメアリーは彼を待って、アンダースと彼女の共通の部屋に座っていた。 珍しいものだった抗議せずに、この時間 - 彼はいつものようにStenhagenの酒屋でビールを購入するオフ駆動されていた。 Emelieはメアリーはバスルームに入ったままの状態で彼らのベッドの上で丸くなって、自分自身を塗られた - 今夜、彼らは "普通の人々 'のいずれかの場所に行くだろう。 アンダースはポールでストックホルムから友達と一緒にレコードを演奏する。 それは場所として珍しいものだったかは、4つの代わりに2になるまで開いたままだろうというとき、多くの人々であることが期待されていた。 それはほとんどの伝統になっていた - アンダース彼らは静かにいつものように自分の部屋でförfestaことができるように再生したので、入力するには、そこに早くしなければならなかったけど。 Emelie日新しく購入した服を完全に着ていた - 彼女は今日だけの服やほとんどに最後の週に3000ドル以上を費やしていた。 マリアと、彼女はビジネスのすべての日に行っていたとメアリーの準備ができた一方、今、彼女はベッドの上で非常にnyekiperad座っていた。 エミリーは、ポニーテイルの長いブロンドの髪とまばらなメイクを持っていた彼女の唇にリップグロスを強調する。 フィリッパK(もちろん中にブラジャーなし)と同じブランドの光沢のある白のストレッチパンツのペアから水色tubtopp。 彼の足に新たに(と恥ずかしいほどに高価な、きっと彼女の両親のgormatを持っていました)ナイキからライトブルースニーカーを購入しました。 透明なライクラの白いひも - - 私のズボンに、彼女は存在して想像以上に初めて高価なパンティーのカップルを持っていたので、少し生地があった場合は特に! それはそれらを選択しているとEmelieも抗議するためにあえてしていなかったメアリーは、明確なフロントにもかかわらず、今は彼女の会社の球根のお尻の間に横たわって、最小限の文字列だったでしょう。 幸いなことに、彼女はいくつかのトレーニングセッションとsolariesolningarにマリアと行っていたので、彼女は今でも日焼けボディを持っていた。 彼女は多分新しい服はほとんど裸で座ってどこに座ってエキサイティングでしたが、それは恥ずかしい気持ちのほとんどをたたき出すする自由をどういう意味ですか。

ステレオ強烈P3のダンスから、彼女はマリアが混在していた飲み物を飲んだ。 部屋は居心地があった香の匂いが強くして唯一の光は、戦略的に部屋に置かれた3つの溶岩ランプから来ました。 Emelieは、彼女がこれまでに彼の全体の19年間の生活の中でよりも多くを感じました。 ダンス音楽の基礎は、アンダースステレオから殴り合いしましたが、それは電話が怒って静寂を破った時Emelieの心が何であったかと比較して何もありませんでした。

"あなたは答えるでしょうか?"マリアはバスルームから叫んだ。

"はい..." Emelieは言い、電話を拾いました。 "マリアとアンダースと..."

"ねえEmelieはアンダースです - あなたは楽しみを持っていますか?"

"うんていますが、もちろんここに来たならば、より楽しいだろう..."彼女は微笑んで、彼女は彼と話して幸せだと感じました。

"だから渡す..."彼が喜んで鳴った。

"...もちろん飲むことが多くのでは!"彼女は笑って、幸せに感じました。

"ただ、それが...あなたはメアリーが持っているようなものだったと思いますか?"彼女は彼が笑ったことを聞いた。

"沖 - 次に2番目のを待つ..."彼女は彼の耳から受話器を取り、叫んだ "マリアを...それはアンダースだ!"

"...う"バスルームからマリアの滑らかな声を聞いて、Emelieは、彼女がタップをオフにして聞いた。

彼女があなたの注意を集中するた場所メアリーが出てきたときにエミリーを知らなかった - 彼女は唯一の分黒いひものペアを着ていた。 オリーブ色の体、彼女は彼らがいたときに想像と訓練を受けたが、見たことがありませんでした - メアリーはフィットだったと彼女のお尻は広いし、それらの上に、彼女は細い腰を持っていた。 バット - 膨隆ラウンドを、最も近い完璧であった - 黒stringenを授与されました。 エミリーは自分自身を助けることができなかった - なぜ彼女はなかった - しかし、彼の目には、メアリーの胸までさまよった。 彼らは大きかったとオーバーヘッドのビットを持っていたが、それ以外の固体だった - Emelieは、それらはおそらくDカップであることが推定される。 彼女の乳首は、大規模な戦いであった新進の小さな乳首と2ペンス硬貨より大きい私たちの農場や、彼らは暗褐色の色相を持っていた。 彼女の髪は解放され、彼女のかわいらしい顔のアラートは、メイクアップ、スタイリッシュなを持っていた。 彼女の体は、特に非常にスリムだった彼女は彼女に電話を渡したとしてEmelieは顔を赤らめた。

"はい、それはメアリーだった...こんにちは蜂蜜 - それはどのように起こっているの? 大丈夫...うーん...大丈夫... "

メアリーは何をすべきか知りませんでしたEmelieの前の部屋に行ったり来たり歩いていました。 彼女がレズビアンではなかった - でも男としていなかった - しかし、何らかの理由で、彼女は助けることができませんでしたが、彼女の新しい友達の体を見てください。 マリアは、音楽に少し動いていたとEmelieは、それが頬に熱く感じた - 彼女の目はメアリーロッキング巨乳と彼女のラウンドラテン尻に何度も何度も描かれていました。 彼女は恥ずかしされましたが、抵抗することができませんでした。

"...その後、約30分オーケー? さて、我々はそう言うと、お金が十分に正しいですか? グッドは、我々はすぐにお会いしましょう​​...キス...注意してください! "マリアがハングアップ。

"それはシステム上で取引することはそれほど難しいことであるべきことは..." Emelieは、彼女が呼び出しを通してマリアの身体を見つめていることを隠すための試みで前方に口ごもった - 彼女はガラスの最後を飲んだ。 それは曲線美のチリの妻の体に彼女の視線を返されたいくつかの理由 - マリアEmelieに背中をベッドのそばに立っていた代理店から服をピックアップしました。 彼の視線は、十分な腰と細いウエストに対する彼女のほっそりした裸の背中を滑り落ち、その広範な腰と丸い突出尻がパンティー文字列内の細い、細​​い文字列によって完成された。 エミリーは別の飲み物をしたい場合、彼女は尋ねながら、マリアは上身を乗り出した。 彼女が上に曲がって、黒の文字列はそれらの間にしっかりお尻を伸ばすと、エミリーはかろうじて隠して彼女の丸いぽっちゃりしたマウスを見た - ファブリックが恥骨に対してタイトだったが、マウスが覆われていた前の行に上った - Emelieはハード飲み込む - マリアながら簡単に移動する彼女は会社の下に引き出しの中に根ざしているとEmelieの目はメアリーへ釘付けされました - 彼女はためて、それらの彼女は髪を持っていないことを全体のマウスをカバーするために最小限のひもパンティー非効率性を見ました。 薄い黒のコードは、エミリーが見たことがなかったような方法でそれらの間にぽっちゃりスムーズmusläpparnaた。 彼女自身が彼女の新しい友達の足の間に見つめキャッチとして、彼女は顔を赤らめ - 見下ろした - 私の心は胸に二重​​の時間を破って、彼女の呼吸が重くなっていました。 彼女は彼女の乳首が応答したことを見て、薄いブルーのファブリックtubtoppenに対して猛烈に描きました - 彼女は、彼らが寛大だったので、それらを隠そう、彼女はそれを恥じていた。 彼女の足の間でおなじみのうずきは、彼女が頻繁に陰唇につながった感が膨れ上がると水分の拡散時に何か考えるように急がなければならなかった意味した。 彼女は咳払いをし、それが飲み物を持っていいだろうと答えている。

フルーツソーダのローズのライムと三本の瓶 - アンダースはフィンランディアの2ボトルで時間後に帰宅したときGroggはますますになった。 Emelieはアンダースとマリアは、彼がドアから入って、その後、彼は親指アッププレパーティーを続けたときに知っているように見える交換することに気づいた。 そこにいつもより高いムードであったと回以上トイレにアンダースとマリアが消え、一人でEmelieを残しました。 酒は流れ、その率直な休暇をしました - 彼らは太陽の下ですべてのものについてはいつものように話していたけどEmelieはそのマリアの奥底を見つめました。 アンダースはまた、彼はnyekiperad、複数のジッパーとブランドの新しいスニーカーとサイケデリックなネオンを押して、黒いプラスチック製のズボンPVCとTシャツタイトな黒を持っていた。 脱色した髪は、すべての方向にきれいだったし、彼はいつもよりボックス悪化していた。 マリアは、プラスチック材料とハイヒールのいくつかの種類にベージュのドレスをパターニングし、本当に短いカット蛇を着ていた - Emelie前に実際にそのような挑発的な衣装を見たことがなかった。 明るいタイトなヘビ皮はマリアの体と背中に垂らし、黒毛の周り完璧だった。 彼らはタクシーに乗り込み、11時に町に運転したときにEmelieは重く酔っていた。 それは人々と、ガードから少し助けを借りた後、梱包された中に入ると、彼らは、アンダース、マリアとEmelieはDJブースの階下に降りました。 これは、テーブルセットとリビングエリアを有しており、エミリーとメアリーのための部屋がありました。 メアリーは小さなテーブルの周りに座って人のためにEmelieを提示しながら、アンダースは彼の友人ジェイクにブースに立っていた。 Emelieは、すでに彼女は、彼らが彼女のために引用された後、数秒と呼ばれるものを忘れてしまったように酔っていた - 5人の少年と三女 - 彼女は彼らはストックホルムから8種類、約流行に敏感されていることを決定するために管理されます。 アンダースとジェイクは、所有者と契約を行い、一晩中自由な精神を持っていたときよりよいがありました。 夜は、同じ猛烈なペースで続け、それが最後の日だったかのようにエミリーは踊りと飲んだ。 そのためには、我々は、鐘の数時間を引くようなメロディーとの共生の音カーペット、点滅するストロボライトやレーザービームをカタカタ、轟音ベースラインの詳細に寝てはならない。

朝の9三〇から五時にジェイクは借りたとして、町の中心部のアパートでパーティーを続行するために購読してテーブルの周りにオフされていたギャングに行ってきました。 Emelieは今では彼らはアルコールの負の側面は、その存在が感じたように酔っていた。 彼女は、階段を上ってつまずいsplutteredと気分が悪くなった。 マリアはトイレに彼女の後を追って、彼女はトイレの上に身を乗り出しとして泣いて座っていた。 彼女は恐ろしい何か恥ずかしかったが、マリアは危険がないことを保証 - 彼女はトイレに座ってエミリーは、メアリーの膝に頭を入れた。 彼女は目を閉じ、痛む頭を休んだ。 トイレのドアが開いたとアンドリューを調べた。

"彼女はどうですか?"彼は尋ねたが、ほとんどのアパートからのノイズと音楽で溺死した。

"ではないので、よく..."メアリーは優しい声で言いました。

'くそ'退屈は - 多分私達は彼女に少しかかるだろう? "

"あなたはあなたの心のe 'のうち - そこにあることのいずれかが表示されませんでした。 あなたは彼女から何が来るのか背景を知って... "マリアは怒ってhissed。

"私は知っているが、彼女は明日小便を感じるだろうと私はあなたがここに私達と一緒にいたい。 ところで、人がトイレを使用するようになる... "

Emelieは、2つは彼女が眠っていたと考え、見上げている酔っているにもかかわらず、理解していた。
"あなたは何のために何を意味しな​​い...上の入札を..."と彼女はどもっ、その紺碧の瞳点滅。

"すべての何も - あなたが寝ていたが..."メアリーは優しく彼女の金髪を撫で言いませんでした。

"しかし、メアリー..."アンダースしようとした。

"いいえ、私は言った...のようなものはありません..."彼女はhissed。

""えっ、今さあ...私はよく自分で決めるかもしれません... "Emelieは起きてトイレに座っていた。 順番に肩をすくめた - 彼女はアンダースを見たマリアを見ました。

"それオーケー..."マリアとアンダースはすぐにオレンジジュースの大きなガラスを返すためにオフこっそりため息をついた。 彼はカウンターの上に置くと、彼のポケットから小さな透明なビニール袋を拾いました。 彼はキーを使用して、白色粉末の一部を拾って、ジュースをグラスにそれを横に振った。 彼はスプーンでそれを攪拌し、次いでEmelieにガラスの上に伸ばした。

"何...それは何のために何か..." Emelieは口ごもった。

"それは..."メアリーが始まった。

"...あなたは最高の気分になる何かが!"アンダースは微笑んでウィンクと彼女の最も魅力的な微笑を浮かべた。

エミリーは、彼女の方向にメアリーに見て、彼女の大きな茶色の目を覗き込む。 彼女は考えていたように彼女が見えたが、その後、彼女は微笑んだ。

"ただ...それはあなたが良い感じになるかだ! 今ではすべてを飲んで... "

彼女は私の口にグラスを持ってきて、それ自体でスパイクジュースをswilled、彼があまりにも笑っているアンダースにガラスを手渡した。 彼女はまだボーッしかしマリアは立ち上がって、停止するにはアンダースを頼まれました。 彼女はこっそり、アンダースはドアを閉め、ロックを回した。 その後、浴槽に落ちたとEmelieを見ました。 彼女は振り返り、彼らは数分のように思えたものに顔を見合わせました。

"それは何だった...現実に..."と彼女はしばらくして尋ねた。

"ドープ...アンフェタミン...でもあまりない - 二日酔いと吐き気から安全に保つのに十分なだけ..."と彼は微笑んだ。 "良い​​感じ?"

Emelie後感じ、吐き気が消えて視界がいつもよりシャープだと感じました。 彼女は私の足のアリを持っているかのようあなたの体のうずきがあった - 彼女が見下ろし、彼女は離れて広い足で座っていた見て、集中的な右脚を揺るがした。 胸を上下に持ち上げることと、彼女の乳首は、ライトブルーのファブリックに対するハード押されました。 彼女は笑顔で彼女に来て、再びアンダースを見上げた。

"これは気持ちいい! - asbra"

"ファット...のは、他に出て行こう..."彼が戻って笑って、お風呂から自身を取り出し、ドアを開け、彼女の手を取った。 彼らは一緒に行って、彼女は広いリビングルームに滑り込んだとしてEmelieは、小さな雲を感じました。 ジェイクと大きなガラステーブルの周りに革のグループで座っている三人 - 外のスピーカーは、スピーカーのポール外とメアリー、人のいずれかからダンス·ミュージックと同じように響いたと少女は寄木細工で激しく踊っていました。 エミリーは、他に行き、彼女と一緒にダンスを始めた - ズキズキ音楽は体を流し、彼女はそれがまだ立ってすることは不可能だと感じました。 メアリーは微笑んで、彼女にウィンク、これは、Emelieはくすくす開始しました。 彼女の全身は快楽のことをくすぐると、彼女はしばしば彼女は孤独に巻き起こし、彼の数え切れないほどのオーガズムの一つ前に感じていたものと彼女を満たした感情を認識した。 Emelieは角質なっていた。 彼女はまだ立つために失敗したとき、彼女は踊り続けた - 30分後に、メアリーは彼女をつかんで、台所に彼女を引っ張った。

"あなたは水を飲まなければなりません...そうしないと脱水症状になることがあります。"彼女は微笑んで、Emelieへの水の大きなガラスを総なめにした。

エミリーは、ガラスを取り、水を飲んだがマリアを見続け - 彼女が持っていた体が、彼女は思った。 彼女は、曲線の体の上を見つめ、彼女が男性だったら、彼女はメアリーがあったと言っていますと述べた。 そして、彼らは再びリビングルームに行き、マリアはそこに座ってgroggade人たちと一緒にソファの上に滑らせた。 Emelieしかし、彼自身はまだ立って持って来ることができませんでしたが、再びダンスフロアに行き、電子音楽の影響を受けた彼女の若い身体を叩いてみましょう。 彼女の拡大した生徒は、テーブルの周りにパーティにと本能的にメアリーとアンドリューに魅了された。 メアリーはアンダースの膝にまで滑って、彼にまたがっていました。 彼らは熱心に作っ忙しかったとAndersの膝のメアリースワン補修は、彼女のタ​​イトな蛇ドレスはラウンドラテン尻をかけてスライドし、社会全体に公開されました。 不思議なことに、誰も反応しなかったようだとEmelieはじっと彼女はおそらくあまりにも明らかになったと感じました。 顔を赤らめ、彼女はそのため大量の水ガラスを飲むために再びリビングルームから、キッチンに削除されます。 テーブルで彼女は、以前パーティーで会っていなかった二人の男が座っていた。 それらの両方は、外国起源のものに見えた、それは彼らが激しくジェスチャーをするとき、彼らが何か重要なことを議論したように見え、かなり大声で話した。 エミリーは、シンクに行ってきましたガラスを取り、冷たい水をフラッシュするようになりました。 彼女は男性をちらっと見て、彼らは彼女の方向で探していたことを見た。 それらの1つ - で年上の男、と言う、高齢化短く切り取られた髪と灰色のスーツと40代が - 立ち上がって部屋を出た彼女の仲間に何かをhissed。 Emelieは、ガラスを充填し、タップをオフにします。 彼女は部屋を出ることを約あったとき、彼は彼女に話しかけた。

"女の子ヘイ - あなたの名前は何だ"彼の言語バーの南部訛りの明確な特徴。

エミリーは振り向いて彼を見た。
"Emelie"

"ここに来て座って、私Emelieに話を..."

彼は大きな笑いとエミリーは、彼は分厚いネックレスをアップ光り金の歯を持っていました。 通常、彼女は彼と話を避けられただろう - と彼の厳しいしつけと、彼女から来た地区は、多分それはより多くの移民に優しい場所ではなかったという事実によって。 しかし、ちょうどそのために - 教育と彼女の以前の環境での人種差別は - 彼女はテーブルに移動し、男の向かいに座っていました。 それとtjacketが実際に彼女の彼女が今までいたよりももっと自信を与えているという事実。 男は手を伸ばしてEmelie男が、小さな十字架をぶら下がって、そこから手首上の太い金のリンクを持っていたことを指摘した。 彼女はまた彼の手を伸ばした。

"ドラガン·私の名前です - 私はクロアチアから来たんだ..."彼は広く微笑んだ。 "だからあなたはどう..."

あなたのエミリーとドラガンは、以下の時間帯の話か、多くの退屈な詳細を割くために、私は簡単に復習を行うことができます。 さまざまなコメントが彼女を魅了 - - 彼女の過去の人生の中で最もものにEmelie疑問をされた後、彼の国とウプサラのレストラン経営者としての彼の仕事について多くを教えてください。 彼らはヨーテボリのボルボで動作しますので、ドラガンは、両親と60年代後半にスウェーデンに来ていた。 と彼は言った - - 彼はヨーテボリ、ストックホルムの両方でパブを実行していた法律が、過去15年間でいくつかの問題を抱えていた - 彼自身はあったが、今では力のウプサラであった。 彼は結婚していた3人の子供を持っていた私に言った、彼らはただウプサラの外にある大きな別荘に住んでいました。 どうやらそれは、彼が町にいたとき、彼は一晩アパートとして使用されている自分自身を発見したことも彼のアパートであった。 彼らは座ってのパーティからより多くの来て、参加して話をすること60分ほどの判断の間に - Emelieは、ほとんどが今の名前で彼女を述べたようにギャングの一環として、ますます感じました。 さらに、彼女は何らかの理由で中年ユーゴスラビア、やや魅力的が見つかり - そして、彼女は自己を理解する上で大きな困難がありました。 しかし、それはおそらく彼の珍しい、非常にオープンな方法でした。 おそらくまた、彼女の体を介してポンピング薬が、tjacketの効果が消え始めた。 彼女はまだじっと座っているために高パルスとかなり難しいままである。 ドラガンは明らかに、これを理解していた。

"それで、あなたは何のように言っていない少女のようなものであるように思えません..."彼は微笑んで彼の右の目でウィンク。

彼女は赤面上がるのを感じたように "Ehhh ...あなたは何を意味していますか?" Emelieバックどもっ。 彼女の魅力と魅力は、それほど明白されていたのか?

"ああ私はあなたの生徒は非常に大きいですが、それでも座ることができないことに気づき、あなたの心は、その可愛い上から出てきているようだ..."彼は彼女が "間違った"方法でそれを取ったことに気づいたとき、彼は笑った。

彼女は "...いや私はそれが気に入らないだけど...私を招待友人..."彼女の頬が加熱感じ、彼女がダウンして見て、胸が実際にハードheavedことに気付き、彼らブラレス胸 "ああ...あなたは...という意味で"布に押し付け水色tubtoppen下。

"どのようにそれはその後のようなものだと思いますか?"

"うん...大丈夫か、実際よりも...のようなすべての種類は世界で最高です、何がどのように気分が悪いことができなかった..."彼女はまだ彼女の胸に固定された視線。 これらのハードの乳首はほとんどすべてでそれらを隠した薄い生地に対してはっきりと際立っていた - 彼女の開裂は夕方後に撮影さ以上であったと胸の間のギャップは小さく明確な発汗の跡を示した。

"私は知っている..."と言って、エミリーは彼に彼女の目を開かれた - 彼は微笑んだ "...あなたはいくつかの点で何かを試してみたいと思いますか?"

"うーん...多分...ああ、ところで、私はおそらくだろう..."

"おそらく、今でも夜?"彼の暗い目は彼女を催眠術だった。

"...わからない...多分...それのために?どのような"彼女は少し不安定な感じ。

"あなたはそれが何であるかを知っていれば、私はコーラを持っており、E?"彼は微笑んで、ジャケットfikanに彼女の手を取った。 アンダースはオレンジジュースを混ぜたように白いパウダーで - 彼は、2つの小さなビニール袋を拾いました。 セカンドバッグは小さな白とピンクの錠剤の数十が含まれていました。

彼女は袋を見つめながら "...私は多分知らない..."エミリーをどもっ。

"はい、それはもちろんあなた次第です...私が入札しますのでお知らせ。 あなたがテストしたい場合自体は現在いくつかのファッジを取ると思いました。 "

Emelieはそれについて考えた - 確かにアンダースが正のこれまでのところされて徹底的に彼女を与えていた何の効果があった。 Den skrämmande och svårfokuserade fyllan var som bortblåst och allt verkade klart och upplyftande för henne. Visst vore det spännande att testa men med honom? Precis när hon tänkte tanken kom Maria in i köket och gled fram till köksbordet.

”Är det här du är? Undrade just vart du tog vägen!” skrattade hon klart ”Och du har träffat Dragan ser jag!” Hon böjde sig fram och kindpussade jugoslaven på båda kinderna. ”Vad gör ni då?”

”Nä vi sitter och pratar bara…fast jag tänkte gå in på toaletten – ska du inte följa med?” svarade han snabbt. Han dinglade med dom två påsarna framför Marias söta solbrända ansikte.

”Åh du din…” skrattade hon ”…du vet hur man charmar en tjej för att följa med in på toaletten du! Klart jag följer med när du bjuder gubben…”

Dom båda skrattade tillsammans och Emelies blick drogs åter till den unga latinskans perfekta kropp. Dom runda höfterna och dom guppande brösten – dom välsvarvade benen och det korpsvarta håret – dom välmålade läpparna och dom djupt bruna ögonen. Hon var så snygg tyckte Emelie.

”Ska du med?” log Maria mot Emelie som rycktes ur sin beundran av kompisens sexiga kropp.

”…ehh…jag vet inte…kanske…vad tycker du?” stammade hon fram.

”Du gör självklart som du vill men jag lovar att du kommer må ännu bättre sen…” Maria och Dragan utbytte menande blickar. Dragan nickade mot Emelie att han höll med. Emelie kände att om Maria var med och inte tyckte att det var nåt speciellt så kunde väl hon också göra det – förresten ville hon inte verka som någon tönt från landet!

”Okej då…det verkar väl rätt fett kanske…” hävde hon ur sig trots att den typ av modern svenska som hon hört bland festdeltagarna kanske inte låg rätt i munnen på henne.

Tillsammans reste dom sig och gick ut till hallen och sedan in i badrummet. Maria låste dörren bakom sig och fällde ner toalettsitsen. Hon satte sig på badkarskanten och la det ena benet över det andra. Emelies puls gick upp då hon insåg att hon återigen – på samma kväll – skulle till och testa något som antagligen skulle få henne förskjuten om hennes föräldrar fick reda på det. Dragan öppnade badrumsskåpet och plockade fram en liten fickspegel som öppnad visade sig vara stor som ett halvt A5 papper. Han satte sig ner på knä framför toaletten, lade ner spegeln och tog fram påsen med vitt pulver. Emelie stod bakom och iakttog skådespelet. Hon kände sig pirrig i hela kroppen inte nog med att tjacket fick henne att darra utan nu var hon på väg att testa kokain också – tillsammans med en medelålders jugoslav och sin bästa vän som hon tydligen attraherades utav. Hon skakade på huvudet och slöt ögonen. Hon behövde fokusera sig för att inte låta dom överväldigande känslorna få överhanden. Hon slog upp ögonen och Dragan hade dragit upp sex stycken vita linor av det dyra pulvret på spegeln som låg på toalettstolen. Han sträckte över en ihoprullad femhundrakronorssedel till Maria som log och tittade upp på Emelie.

”Kom så ska jag visa dig…” sa hon med mjuk stämma och satte sig på knä nedanför toalettstolen.

Dragan flyttade sig till dörren bakom Emelie. Maria satte sig tillrätta och drog upp den tajta klänningen så hennes brunbrända skinkor blottades – perfekt delade av den snörtunna stringtrosan. Emelie slog sig ner intill Maria som böjde sig fram med den ihoprullade sedeln i ena näsborren.

”Så här gör du – sätt den mot ena näsborren och håll för den andra – sedan är det bara att sniffa in det långt. Dra ett djupt andetag genom näsan bara!” log hon och visade.

Hon gjorde precis som hon sagt – drog sedelröret längs en av linorna och tittade upp igen. Hon slöt ögonen och drog ett till djupt andetag. Sedan slog hon upp ögonen och sträckte över sedelröret. Emelies puls började slå allt snabbare – när hon tog emot sedeln darrade handen och hennes blick flackade. Hon svepte ner med blicken till Marias stora svällande bröst och såg att hennes stora bröstvårtor pressade sig hårt mot det glänsande ormskinnmönstrade plasttyget. Emelie tog röret och satte det mot näsan – böjde sig fram och höll för den andra näsborren. Böjde sig fram och närmade sig kolalinan och snortade snabbt i sig den. Reaktionen på den starka colombianska drogen var direkt – inte själva stimulantian utan den brännande känslan i näsan och slemhinnorna. Hon slängde bak huvudet och drog in luft genom näsan. Ögonen tårades på henne och hon började tvivla på att det här var rätt. Maria tog röret ur hennes hand och drog i sig två linor på en gång. Emelie andades djupt då Maria sträckte över röret igen.

”Det är dina två som är kvar…” viskade Maria med ögonen stängda.

”Men Du då Dragan…” undrade Emelie och vände på huvudet.

”Nä tack…jag tar inte av det där…varsågod…jag bjuder…” sa han leende men blicken var fäst på Marias svällande bara rumpa.

Emelie såg då hon lät blicken sjunka att Dragan hade stånd innanför kostymbyxorna. Han verkade smeka det genom fickan. Hon tittade på Maria som blundande böjde huvudet bakåt och drog händerna genom sitt lockiga svarta hår. Gud vad hon tyckte Maria var vacker. Sedan lutade hon sig ner och drog i sig först den ena linan och sedan den andra. Det brände återigen i näsan och nu smakade det även starkt i halsen men hon kände sig också redan uppfylld av värme och självsäkerhet. Hon slöt ögonen och slappnade av – kroppen var avslappnad och hon kände hur ett starkt pirrande fyllde henne – bakom dom stängda ögonlocken och framför ögonen flimrade regnbågens alla färger. Hon satt säkert så i fem minuter innan hon slog upp ögonen igen – hon tittade åt sidan för att möta Marias blick men där var ingen. Hon vände på huvudet och fick syn på Dragan och Maria. Dragan lutade sig mot den låsta toalettdörren och nedanför satt Maria på knä – hennes huvud guppade fram och tillbaka och Dragan höll en hand på hennes korpsvarta huvud. Hon sög av honom!

Emelies hjärta tog ett jätteskutt och pirrandet i kroppen tyckte sig koncentrera sig till underlivet. Hon reste sig upp för att se bättre. Byxorna på Dragan låg nere vid fotknölarna och Maria var fullt upptagen med att polera hans kuk – Emelie hade ju aldrig sett någon på riktigt förut så hennes blick studerade den noggrant då den gång på gång försvann in mellan Marias fylliga läppar. Den var rätt lång och grov – dock hade hon ju inget att jämföra med – den var i alla fall större än vad hon trott att en kuk skulle vara. Den var rätt så mörk och hade mycket förhud som Maria runkade över ett svullet glänsande mörklila ollon. Maria slickade vant längs det ådriga kukskaftet och sög in en av pungkulorna i munnen medan hon runkade hans kuk. Det var då Emelie upptäckte att Dragan inte hade något hår runt kuken eller på pungkulorna – hon flämtade till – för att sedan åter flämta till då hon såg att Maria med den fria handen smekte sig själv mellan benen. Pulsen rusade i höjden och Emelie drog omedvetet högerhand över sina bröst – det kittlade till i bröstvårtorna på henne och hon stönade högt. Dragan slog upp blicken och log samtidigt som han grimaserade av behandlingen Maria gav honom.

”Se där är du ju min blonda lilla vän…” han log och försökte vinka till sig henne ”…kom till Dragan nu…”

”…jag v…jag vet inte…” stammade Emelie samtidigt som hon såg hur Maria krängde ner sin tajta ormskinnsklänning och blottade sina fylliga brunbrända bröst – hennes bröstvårtor pekade hårt ut.

”Kom hit sa jag…” väste Dragan hårt och spände blicken i henne ”…nu har jag bjudit dig så nu får du bjuda mig!”

Emelie vågade inte göra annat än att gå fram till honom. Hon darrade i hela kroppen och hennes andhämtning var intensiv. Maria tittade upp och log men återgick strax till att suga hans kladdiga kuk. Hon stod intill Dragan då han förde upp handen till hennes bröst och smekte dom utanpå den ljusblå tubtoppen – hennes bröstvårtor ömmade av beröringen och hon flämtade av pirrandet som for genom kroppen. Han tog tag och drog långsamt ner hennes tubtopp och hennes svullna bröst sprätte ut med en lätt gungning. Hon tittade ner och såg att hennes överdimensionerade ljusrosa bröstvårtor var stenhårda och pekade piggt uppåt. Dragan suckade och klämde den ena mellan sin tumme och pekfinger. Emelie fick bita sig i läppen för att inte stöna högt. Han kramade hennes bröst med sina stora håriga händer – klämde på dom – drog i dom hårda bröstvårtorna – och snart så stönade Emelie i kapp med Marias klafsande runt Dragans kuk. Hon kände hur hans hand kramade om hennes runda fasta bak vilket sände små blixtar genom hennes mus och genom venusberget. Dragan tog tag i Marias kalufs och drog henne ifrån sin kuk – hon kämpade lätt som en baby som får nappflaskan tagen ifrån sig – men gav snabbt upp.

”Du blondinen – sätt dig på toastolen…och ta av dig kläderna…” väste han och spände återigen ögonen i Emelie.

”Men…” viskade Emelie svagt.

”Inga men…gör som jag säger!” dundrade Dragan till svar.

Emelie tittade på Maria som log och nickade till henne att göra som Dragan sagt. Emelies puls spurtade men hon lydde då hon såg att Maria gav sitt godkännande. Den ljusblå tubtoppen hade redan hamnat runt midjan och hennes bröst spände nu ömmande fritt ut i det varma badrummet. Hon slog sig ner på toalettlocket och inväntade vad som skulle ske härnäst. Hon drog toppen neråt och klev ur den tajta toppen för att sedan börja dra av sig dom vita stretchbyxorna – det tajta glansiga tyget gled lätt av över dom välformade höfterna och den svällande baken och efter att ha sparkat av sig sina nya Nike-skor satt hon nu näst intill helt naken framför sin vän och den äldre jugoslaven. Endast de genomskinliga stringtrosorna hade hon på sig och hon försökte dölja venusberget och den redan flödande musen med högerhanden. Hon kände att det hettade i ansiktet och förmodligen var hennes kinder röda av den skam hon nu kände första gången nästan naken framför en man. Dragan höll fortfarande Marias svarta hår i ett stadigt grepp där hon satt nästan helt naken på golvet. Emelie såg nu att Maria hade dragit den svarta stringtrosan åt sidan och hennes rakade mus var helt i det fria. Dom svullna blygdläpparna var lätt särade och täckta av genomskinlig kåtsaft. Det gick som en blixt genom Emelies kropp då hon lät högerhanden obemärkt pressas mot sitt venusberg. Hon var kåtare än någonsin tidigare – dels av intaget av droger men framförallt av den erigerade kuken och hennes kompis som blottade sig ohämmat framför henne. Sakta började hon pressa handen mot den våta och kåtstinna klittan som hon kände mot handflatan – som av gammal vana hade den rest sig och pressade nu mot trostyget och skrek efter beröring. Dragan höll hårt i Marias hår och tog sig fram och stod nu intill Emelie. Maria hade hasat efter och satt mellan Emelies ben endast centimeter från hennes längtande underliv. Tankarna rusade runt i Emelies nyvaknade skalle – vad var det som hände? Hon tittade ner och såg hur Maria smekte sig mellan benen. Dragan drog Marias huvud till kuken igen och hon slöt villigt läpparna runt den mörka kuken igen. Hon gungade fram och tillbaka då kuken gick ut och in mellan hennes fylliga läppar – hennes stora bröst smekte Emelies högra lår och knä och hon kunde inte låta bli att pressa handen mot den genomvåta trosan.

”…ahhh…du suger bra Maria…det har jag alltid tyckt…” grymtade Dragan ”…Du Emelie…visa nu Dragan din lilla mus…”

彼は言葉を口にするときEmelieはひるみ。 彼女は聞こえないふりをしたが、その後、彼は再び彼女を見つめた彼女はためらうことなく従った。 ゆっくりと彼女は判断半透明のパンティーを引き剥がし、その後すぐにドキドキ金髪のセックスの上に手を入れた。 彼女は、湿った、ハードクリトリスは、今彼の手のひらに対してバーであった彼らが腫れて唇どの程度明らかになった。 私の思考は激しくスピンしてパルスがX2000としてレース - 彼女は本当に何をしていたか? 彼女は勃起したクリトリスに対する彼女の手を押すと、再び彼女を介して衝撃を感じました。 青紫色の亀頭は何度も何度も彼女の口の中に消えたときにマリアが大声で飲み込んでしまいます。 彼のコックの間に事前に兼と唾液を採取し、それは、メアリーの顎の間にワイヤのペアを掛けていました。

"...赤ん坊に来ている...いつかあなたの小さなオマンコを見せる現在の表示..."重くマリアの黒いたてがみに包まれた彼の手でドラガンぶつぶつ。

徐々に側にEmelieの手を持ってきて、男に初めて彼女のセックスを暴露した。 薄いブロンドの髪は彼女の髪は彼女のジュースに固執し始めた近くに恥骨と陰に横たわっていた。 それらの間に完全に彼らが裏返しにカールし、彼女の大きなピンクのクリトリスはほぼセンチメートルアウト憧れ指摘付着外側の陰唇を分割します。 ドラガンは微笑んで彼女に触れて彼女にうなずいた - 彼女は彼に従うことを遅くされていません。 彼女が見下ろすと、彼女は足を広げたときに彼女の猫は開放されました - 汚いとsåphalaは彼女の陰唇を分けた。 マリアはドラガンを吸うために続けたが、彼女と彼の両方がEmelieの脚の間に狡猾な完璧な透明性を持っていたので移動しました。 彼女は右手のアーチ型の恥骨の上に撫でましょう - 指が細いブロンドの髪をすり抜け、上下それらの上に滑りやすい唇を共有した。 彼女は震え、彼女の乳首はさらに立ち上がって、彼らはピンク色の乳首はさらに外より乳首を撮影するために一緒にさらに多くを引っ張った。 彼女はいつも彼女の乳首は非常に恥ずかしいことだったとお楽しみいたが、このような状況で、彼女は気にしませんでしたので。 人差し指とvarsinn外側の陰唇に沿って撫で中指 - それはそれらに打ち砕いたと括弧の内側唇に触れるには、スティッキー·フィンガーズでした。 彼女は指がfitthålet周りに旋回させ、小さなklittkukenの処理を開始するために内側の唇の間に彼の指を描きました。 彼女が振ったと彼女は強く、彼女の呼吸になった自分自身を触ら。 彼女はおそらくはるかにオーガズムからではなかったことを感じ、彼女はやたらと発汗され、滴が彼女のメロンサイズの乳房の間ダウンして走った。 マリアはエミリーが座っていた場所から以下の2フィート離れて彼のハードズキズキ位置をなでることなく、今はもはやドラガンを吸った。 ドラガンバック無礼激しいと曲がったメアリー美しい頭をしかめ。 エミリーは助けるが、彼女のブロンドのランタイムの上に手のひらを入れて、インデックスと中指の間に彼女のクリトリスをキャッチできませんでした。 強烈な、彼女は彼女の指の間の "ジャッキ"クリトリスを開始しました - 彼女は逆さまにjuckadeとして彼女が交互に絞られ、彼女はfittsafternaは彼女の外に注ぎ、汗と一緒に貼り付け、彼女の丸い便座の後ろに感じました。 彼女の左手で彼女の右乳房を抱きしめ、卓越した乳首を引っ張った。 本体は、暴力的なショックが戻って彼女の頭を投げて口で広いオーガズムはほとんど彼女をノックし、サイレント悲鳴を追放開くと彼女の発作が始まったうずきによって穴を開けました。 彼女は猫を一緒に引っ張られ、それが実際に彼女の外に注ぐ来たかと感じました。 ドラガンとメアリーは完全に停止し、モンスターのオーガズムを見ていた - Emelieの脚が離れて広かったと彼女の猫は広いオープンしました。 非常に小さなものとはいえ - - 彼女の足の間に座ったメアリーは、金髪のfrikyrkotösenは彼女の最初のオーガズムのスプレーを持っていた光のシャワーでした、それは彼女の左大胸下に透明な液体を走った。

"ああ、彼女が正しいことを少し娼婦いまいましい?"ドラガンは前方どもっ。 "私のコックメアリーを撫で、おいで!"

Maria fann sig och Emelie vaknade sakta till sans – hennes runda bröst höjde och sänkte sig i takt med hennes häftiga andetag och hon lät nu klittan slippa ur skruvstädsgreppet. Hon slog upp ögon precis i tid för att se hur Maria stressrunkade Dragans kuk och hur han själv grep tag iden och riktade den mot Emelies håll. Hon han blinka en gång innan kukhuvudet öppnade sig och en lång tjock vit stråle sköt förbi henne och träffade väggen intill henne. Nästa stråle – ackompanjerat med ett gurglande läte på kroatiska – la sig tvärs över hennes bröstkorg och de efterföljande hamnade över hennes ömmande bröst. Det kändes hett och hon kunde inte låta bli att dra med fingret genom dom vita strängarna av sperma som placerats på hennes unga bröst. Dragan pustade ut mot dörren och drog upp sina byxor och krånglade in sin slaknande penis innanför kalsongerna. Maria log mot henne då hon reste sig upp från golvet – rättade till dom svarta trosorna över den renrakade musen och fixade till klänningen.

”Du kanske vill fixa till dig lite innan du går ut va?” log hon.

”Mmm…” svarade Emelie tyst och sträckte sig efter dom genomskinliga stringtrosorna på golvet. Dragan låste upp dörren och gled ut tillsammans med Maria – Emelie låste om sig och torkade bort sperman med en handduk. Snart var det väl dags att åka hem tänkte hon då hon klädde på sig för att sedan återgå till festen utanför…

Forts. följer

Författarens kommentar:
Även den här delen har publicerats tidigare, och i nästa del som publicerats tidigare kommer så äntligen förändringarna i historien. Det blir mer…

1応答 "Emelieの野生生物、パート2。"

  1. 広告主:

    私は少し淫婦について読んだときペニスが唾を吐くように立って、それが次に難しくなることを願っ

Emelies野生生物、第2部をコメントアウトします。