洗濯室での会議

火曜日の夜、時計は21です。 そのまま30、あなたは仕事の後疲れている。 次に、洗濯室にすべき。 アパートに洗濯機を取ると私を購入する必要があります。 ここで不足してうんざりして時間を維持しています。

スタンドと思ったときに私は洗濯桶で手洗いの下着。 あなたはブラジャーアークでマシンを破壊するために起こる場合には、これらの値は幸せではありません。 薄いランジェリーは簡単で、右の急激マシンのリッピングので、手で洗う方が安全です。 私の小さな透明なひもや他のセクシーなランジェリーは、私は優しい手を扱うことができます。

それはどれも甘いの驚異にそれらをここに見ることができませんどのように悲しいことを考えしかし、私は最近あまりにもうるさいです。 それがまともな値ともセックスが好きな人と素敵な男にそれを作ることにならない限り、彼氏を持っていません。 多分少し厳しい。 今私は人や多少耐久性ができるようにするために十分に近い間隔であるための権利である恋人を見つけていない。 それは私に1泊分のスタンドのために誰かの家をドラッグしていないビットを与えます。 確かに、私は無事に家にオーガズムのカップルを着陸することができますが、通常、男は酔っているとかろうじてそれを得ることができるか、本当ではありません何か他のものがある。 いいえ、私は男とセックスをしなければなりません、いくつかの手、舌、コックより少しを持っている人かもしれません。 私の手やおもちゃは、しばらくの間仕事をするために自由である。

誰かが洗濯室のドアにキーを入れて、それをロック解除します聞いています。 最後の洗浄時から残って乾燥機に洗濯物があるだから驚くことではありません。 私は彼らの洗濯物を空にすることができますように、彼らは私のマシンの前に来る良いことの準備ができて、私は思う。

"こんばんは、"戸口から誰か、良い男性の声が言った、私は注意してください。 好奇心旺盛で、ルックアップします。 一人の男が立って、ドアを一杯になります。 素敵な、明るい目、感染笑顔に見えます。 彼は私を見て、遅刻のために私が謝罪する "と付け加えたが、私は時間を忘れてしまった。 "

私は彼との笑顔を見て、 "それはOKですが、私のマシンはまだ終わっていません。 "

彼はキャビネットに行くと、そこにぶら下がって服を拾い始める。 折り畳むと彼がもたらした洗濯かごに入れて開始されます。 適切な男だと思うし、彼を見て停止しようとする。

私はいい言ったように彼は、見ている。 時折長い、茶色、太い、短い髪、重い物や薄いのどちらか。 そのようなほんの少し。 素晴らしい目と素敵な笑顔に。 誰もが、おそらくそこに運を持っています。 私は前にフィールド上に彼を見ていた場合を考えて、私は持っていないと結論付けている。 彼はガールフレンドを持っており、彼女がそうでなければ洗うものであると思います。 ビジーまたは無関心な、不完全な男とそうなる傾向があります。

"すみませんが、長い間ここに住んでいましたか?"私は自分が求める聞いています。 私は何をしていない、私は自分自身に思うが、その一方で、質問しないように十分に干渉します。 あなたは少しの社会であるとあなたが同じ部屋にいる間、話すことができた。

"私は前を見ていると思うことはできません。 "妙にその口を継続求める。

私はここの町でコースを受講しながら、 "いいえ、私は数ヶ月、いくつかの友達と一緒に住んでいます。 "それは地域のランドリールームを利用するのは初めてです。 私は時間を忘れてしまったので、アパート内のマシンに精通している、それがあった。 "この時に彼が講演や洗濯物を畳むながら私を見て、同じ感じの良い口調で彼に告げる。

"はい、私はそれがある方法を知っています。 私も私の最後のアパートで洗濯機を持っていたら、少し甘やかされ得る。 ここでは私がこれまで得ることができるので、アパートに近いですが、夜このように、それは雨と寒さに出て実行することはないとよいでしょう。 "私は洗濯物を洗っている間に話をしています。

彼はうなずいて、彼が洗濯物をたたみながら、彼は時間を忘れてしまったときに彼がやっていたエッセイについて少し話を続けます。

彼が話す間、家事を扱うことができる男は、悪くない私がとげとげしく思う。

我々は、今では、私は下着を浴び、それらをハングアップします。 男としてキャビネットに立って洗って取り出します。 まあ、彼は自分でも恥ずかしいと思わないように、私はそれを気にしてはいけません。

"私はハングアップすることができますように、ほとんどのキャビネットに仕上がっていますか?"私は親切に彼に尋ねる。

"ああ、ちょうどここに私の最後のものを取得し、その後乾燥機を取る。" 彼は答えます。

"だから、準備を! キャビネットは、彼は紳士的な分、幅広い笑顔で公言して処分高貴な乙女 "である。 高貴な紳士をありがとう "私は、助けるが、彼のジェスチャーとニジェールすてきなバック笑うことができません"。 "

洗濯かごに、私と私の濡れた下着をピックアップし、彼に私の背中にハングアップを開始します。 ドライヤーは、右のキャビネットの後ろにあるので、我々はいくつかの足が開いているドアやハッチで一緒に来てもうありません。

私はジャケットをやってのけるだけタイトなTシャツを着ているので、それはオーブンと現在開いている乾燥機から暖かいです。

私の下着の吊り下げ、我々は互いに衝突するべきではありませんので、同時に男をかわすしようとしている私をハングします。 私はいつも後に不要なしわの多くを持っていないので、洗濯物を干しするためにいくつかの余分な作業を入れた。 多くは私の衒学者(とそれらを作ってあげること)を呼び出すだろうが、私はそれが後で私に時間を節約できます知っています。 もう同じくらい洗濯を強調しておらず、ストレスは、私が楽しんでいるものではありませんん。

私は彼らのバスケットに何かを入れてパンティーと、彼曲げを拾った後に立ち上がるとき、私は、我々はまだ私たちの頭にクラッシュして管理できるように私はかなり良いかわすと受け流すと思うけど。 私は床の上のすべてを失うと、ボルトなどの額に私を連れて行ってくれる。 私は目を閉じて、バランスを取り戻すためにゆっくり旅行に私をしてみてください。 彼は私のサポートを提供するソフトがしっかりグリップで私の腕をつかむ。 それから彼は曲がり、私たちの両方が事故で失ったものを拾って、私はまだ少しめまいが彼のまぶたに参照してください。

弱いオオカミ笛を聞くと、彼は小さなもの、手に透明なひもと一緒に立って見てルックアップします。

"彼らは美味しかった、あなたの男の愛がそのようにあなたを参照してください期待しています。 それはとにかくやっただろう。 "私は彼が言うのを聞く。

見上げると私に激しく見つめて視線を満たしています。 私の心がビートをスキップしますが、その後、緊張と興奮の胸に躍動し始めます。 彼は少しパンティーで私に手を広げています。 私はそれが恥ずかしくなるように助けることはできません。 私は何年も前のものを取ることを止めたと思ったけど、心臓が実行されている間、私は、私の頬が赤く光ると感じています。

彼は私が前に今しばらくの間のバランスを取り戻しているにもかかわらず、私をサポートするために、私の腕はまだです。 彼の温かい手が肌を焼く感じています。 熱は上に上に、乳房下、体の残りの部分、のどに広がります。

私が感じる暖かさは、キャビネットに起因するかもしれませんが、私はそれが自分の幼稚な嘘ですね。 私は熱から来ているか知っている。 彼は私が下に、彼はまたしてディスプレイを開くために彼の手に私のパンティーに立ってその着用を知っているので、私は、この見知らぬ人の前で恥ずかしい少しを感じる。 それはあなたの服の下に、私はまた、完全に裸の助けにはなりません。 私は下着を脱いで、私は出て行った直前に洗濯かごに投げた。

私は燃える視線で魅力的な見知らぬ人の男と一緒にここに立ってするだろうとは思わなかった。

私は6とタッチは午前どのように飢えた上で私の以前の考えは、明らかである。 私の胸は、乳首が硬く硬くなっ縮小している。 私の胃が締め付け、熱が広がり、腹部のパルスになります。 私はどのように濡れた感じ。 良い点は、彼は私が深く考えていることを確認することはできません。 しかし、彼女の乳首は、彼は彼らがタイトなトップであるか​​堅い見なければならない。 助けることが自分で素早く視線を下に向けると、私はどのように感じて見ることができません。 彼らはどのようにファブリックをまたがっています。 私はもっ​​と赤面して、もう一度彼の目を満たしていないだろうが、抵抗することができませんでした。 見上げると彼の目は私の視線を追っていることがわかり、彼は私の胸を見ていると私はどのように感じて理解しています。

、私が沈黙を破る、彼は何かをしたい、私の呼吸がほとんど停止して取得し、永遠にも思えるした後、彼は言う

"いいえ、私が行うにはありません。 あなたが彼氏かどうかを使用している場合、それはです。 あなたは私を許す必要がありますが、私は黙っことはできません。 " 彼がダウンして見え、私の簡単なを与えるために私のためにもはや彼女の手を保持しています。 私は自分の手でそれを拾うと、ほとんど彼の暖かい手のひらのショックを受ける私の指を感じる。 彼は私の腕にもう一方の手を削除します。 呪文はビットをドロップするけど心はまだ私の胸に速く実行されます。

私が言う間、私はまた、見下ろす

"それは関係なく、また、私は自分自身のために主に着るので、私はすべての私のシングルを持っていた場合、私の男がそれを言っていたであろうことを願っていません。" 笑顔と私が振り向く前に彼をすぐに見上げる。 キャビネットにそれらをぶら下げて、残りを終えますが、不安定な手とドキドキ心でハングアップして戻って取得しようとします。

"あなたは、その後、通常、お洗濯の世話をする少女、しかし、あなたは本当にそれ以外の場合に使用しているようだ。" これは最悪のピックアップのレプリカであることを知っているが、私は気にしない。 私はこの男が女を持っているかどうかを知りたい。 彼は私が彼と一緒にチャンスを持っているかどうかを知りたいので、今その問題にはもちろん開始しました。 私自身のために、私は通常忙しい人で物事を開始しない、それは私にその面白いではありません。 彼らは気にしませんが、私は誰も傷つけたくない誰かを見つけることが浮気でなければなりません。

"いいえ、私は連続した1より多くの私と仮定します。 と一緒に私のために十分なを意味している人を満たしていない。 私は愛との関係に関するいくつかの高い基準を持っている必要がありますが、それは大丈夫です、私はラッシュを持っていません。 私は私が私の前に時間を持っていると思うだけ29歳そうです。 "

私は少し彼の誠実さに驚きですが、彼らはさらに興味を持ってになります。

"私は今も希望を知っています。 私は新しいパートナーで私を縛る前に自分でいくつかの時間を過ごしたいので、私は関係に私の大人の人生のほとんどの時間を生きてきた。

"あまりにも悪い、1つを持たずに関係の特定の部分を持つことはできません。 "私はちょっといたずらで再び彼を見上げて、答えた。 彼の目はに点滅します。 いたずらよりももっと彼の笑顔。

"何が好きですか?"彼は尋ねます。 迷惑なしかし好奇心小声である。

ので、 "さて、あなたは知っている、ディナー、素敵な会話、素晴らしいセックスと。 "私は少し軽薄だ。 彼の反応を見てこっそり見て。

私の手はまだ震えていると私の体は高温多湿です。

"はい、セックスは一つ、それは乗り遅れないように難しい。 しかし、あなたはとにかく持つことができます。 あなたは少しを再生すると、ちょうど良い時間を過ごすしたい人を満たしている場合。 "

"うん、それはで遊びたいし、また自分と同じ嗜好を持っている人は見つけることは簡単ではありません"私はより深刻なトーンで返信を。

彼が通過するときに、彼は彼の手で非常に簡単に私のハムのいずれかを強調しています。 私は、反応に引き出し、私の体のライトが指示する。 それは午後の熱い火で乾燥した燃料としてです。 炎が燃え上がると、すべての関節と筋肉の胃から広がった。 私の膝が弱いことを確認します。 内側にうめき声が、それはエスケープしないように、一緒に彼女の唇をかむ。 彼の方向に視線を投げ、彼はに燃えている視線で私を見て、難しく、再び私の心のポンドになります。

彼は私と一緒に演じて、私は少し驚いたし、実現しています。 はい、はい、二人は私が思うに、より大胆になってそのゲームをプレイすることができます。 今私はそれは自由であり、私が不利にならないようにすること知っている。 彼が興味を持っていると私は行くどこまで見て、私をテストしています。 私は間違いなく彼に火花と失うものは何もありませんよ。

彼が通過するように "誤って"彼の腕に私の重い胸を削除してフィットします。 "OUPS!"少し無実の彼の目を見上げて言うようにその愚かな、多くの場合、これらはあなたが実際に人間の注意を取得したいときにすることができます。 それは働いている、彼は​​尿中鎖、タイトなトップの鐘に感謝しているというように見ています。 私は戻って笑顔と胸が前面に大きくなりますので、少し余分戻ってください。

彼らは、大きな丸いと素敵な重量があります。 乳首はまだ難しいとファブリックの下にはっきりと見える。 彼の視線は再び私の目にルックアップする前に彼女の胸に残る。 私はそれはハードに戻って彼にキスをまっすぐ上下に私を取るために彼に聞いていない見つける。

どのようにそれ以外の場合はポルノ映画に比べて、すべての後に行うのですか。 はい、私は十分知っています。 私はおそらくその小さな "物語"することができ、今では非常に多くのポルノ映画を見てきました。 私はそれは偉大な本物のハードコアポルノを見てする自慰行為をするキンドリングされていると思うだろう。 私はそれのためにシングル、およびアカウントだったのでエロやポルノの私の興味に自分自身を自分自身をあきらめています。

私はそのようなことをやって考えて停止することはできません。 彼はまだここに数ヶ月以上滞在することはできませんので、私は何を失うことができますか?

私は私の思考や軟口蓋にそこに立っていた間、彼が決定します。 彼は前方にステップを取り、私をつかむ。 首の後ろに手、腰、口によく置かれたキス。 ハード、厳しい、申請者。 彼の唇はタイトであり、それらを開くために私の唇で遊ぶ彼の舌が激しいです。 私の口の中に探しに、私の舌で遊んで。 私の中で荒れ狂うすべての感情を声に出してまで、私はうめき声。 私は骨が私の下に倍になるように光です。 私はおそらく床に落ちたであろうそうでなければ私の首や腰をしっかりとグリップに感謝しています。 どのようなキス! 私はそれが永遠に続くしたいと思います。

私は柔らかな曲線に対する彼のソリッドボディを知っています。 近い私に、彼はプレスしながら私の胸は、彼の胸に粉砕した。 彼は私の柔らかいマウンドに対する彼の腰を押したとき、彼のセックスがいかに難しいかを知っています。 私は私を押し上げて、彼に自分自身を結合します。 彼の手は私の体を見回して。 彼女のお尻の上に背中、腰を愛撫。 それらのソフト尻を掘り下げ、私が彼の周りにあなたの足を賭ける彼の股に対して私を持ち上げ、腰に向かって移動、うめき声​​。

彼は私が立ってで洗浄渡しするために使用するベンチに私を運ぶ。 その上で私をオンにし、代わりにそれらの自由な手を私の胸を愛撫を開始します。 私は彼らの周りを探している彼のハード手や指のうめき声と容赦なくこねています。

"はい!"私は大声でうめいた。 私は厳しいようで、特に私の胸は何もないように感じている。 彼は私の心を読むことができたかのように彼がそれらを扱うため、理解しているようだ。

彼はキスを私は再び空腹と彼の手が私のシャツとブラbuttoning見つけ私を取得するために管理している間、私の目をまっすぐに見て。 簡単にオフにスライドします。 彼は女性の下着に精通しているよう。 いいえ、彼は私は少し放心状態だった私の思考を切ったときに見て不思議ではありません。

私は彼が私の胸に頭を埋める以上前に考えていない時間があります。 交互に彼女の乳首の上に彼の舌を持つ彼のハード手や演劇と一緒に押すと、それらを。 軽く、乳首を吸う。 私は舌表面粗さを知っている間に長いなめるように舌を使って、イボは以前よりも困難になる。 彼は両手で両方の乳房を絞りながら、彼は彼の指の間一緒に演じています。 私は大声でうめき声と彼は少し難しく乳首噛みながら、私はそれをすることができたときに叫んでいる。 それは少し痛みの両方を行いますが、信じられないほど快適です。 組み合わせは、痛みを伴うが、素晴らしいです。 次回は、私は泣く: "はい、jaaaa"。

私は可能思ったよりhornierです。 彼が戻って彼女の胸、顎の行くことができ、代わりに私のズボンを打つ。 慣れてボタンをスナップし、それは私が私のズボンの下に、任意のパンティーを着用していなかったことを明らかにここで彼のフライを開きます。 それは彼の目にはさらに彼を向けるように見える彼らが私を見上げたときに角質です。

"私はあなたのパンティーを着用していなかったと思われる、私はパンティブリーフを見なかった。 私はチャンスがあったとき、私は助けることはあなたの素敵なお尻を上に感じることができなかった理由です。 私の好きなものの、パンティーなしの女性は、私が知っているセクシーなものの一つであるセクシーなランジェリー 私は別の時間であった彼らに会いたいと思っています。 "私は助けることがうなずくと少し弱い応答することができません。

"はい、私は彼らに次回を着るよ"

私が引き継ぐの男性を愛し、私は本当にただ引き継ぎ、私は楽しむことができます誰かが探している、支配的であることのように疲れている。

彼はすぐに私のズボンからリッピングし、自分のシャツ。 素敵な、適度にトーン胴はウエストに消えていく彼の胸に少しだけ毛を使用して自身を明らかにする。 腕は強く、非常に筋骨たくましいです。 私はあなたの腕を愛し、助けることがすべてのそれらの上にこすることはできません。 彼震えるように爪を引き出します。 私はへそとウエストに近づくときに彼の胸に複数の指を行うと、ダウンして彼の胃を越えて、彼はそれを少し引き出します。 フライパンまたは身震いが、私は推測する。

今、私は明らかに彼は私の手首のホールドを取る前に考え、ベンチの上にしっかりと場所でそれらを保持するよう知っていた、彼は私の上にしゃがみこんだと再び私の胸の上に自分の舌で遊んで。 別の後に口のいずれかで乳首を吸う。 彼らはロックハードと興奮のボルトになってみましょう。 彼の唾液とダウン彼女の胃の上、下腹部に向かってトレースを描きます。 私はもっ​​ともっとうめき声。 難しさ私は彼の頭が壁に休んでベンチに半横たわってどこ私は静かで落ち着いた保つために。

彼はベンチにしっかりグリップはまだ私の手ですので、私はどこも行かないでしょう。 彼の熱い口や舌が私の恥丘に達しています。 今朝、それが今、彼が最初に部屋に入ってきたので、流れた私のジュースを照らすので、私は剃った。 私は私たちのライトだと私は彼の舌が私の実行の上部に達すると、クリトリスを介して再生すると、悲鳴を上げるでしょう。 私の背中は、刺激の円弧に広がっています。 彼は終了し、私は彼をpreoccupyingされているかを確認するには、この素晴らしい拷問中に閉じたままのように私は目を開きます。

彼は私を見て言う、 "私はアイコンタクトを保持している、あなたは私を見てみたい、または私はあなたをなめて停止します、あなたが知っている?"

私は彼が言うことを理解するが、私はそれがとても素敵だと私は同じくらい私はできるだけあなたの目を台無しに、彼は私と一緒に行いますが、私は選択の余地を持たないすべての素晴らしいものを知りたいときに私は目を開いたままにする方法を知りません。 私は彼が続行しますか、私がする必要があります。

"はい、私は試してみよ、"私は重い呼吸を返信します。

私は目が彼の上に固定保持し、あなたの舌が下向きをくすぐり、スリットを介してダウンして見て起動する方法を感じる。 私は非常に小さな円形の動きに彼の舌に対して腰を移​​動します。 、停止することはできませんじっと座っていることはできません。

"あなたは非常に濡れて、それはあなたがとても軽くなりました誰が私ですか?"彼は私に尋ねます。

"はい、私はあなた私はかすれた声で戻って言う部屋に入ってきたように高速であったこと、あなたのためにとても角質よ。" 複数の操作を行い、私に彼の舌を感じています。

"私は多くを得ることを許可しなさい。 "私は今、ほとんど絶望的な祈ります。 彼はそれは素晴らしいだ場合でも、遅すぎる、私はもっとしたい、私の中で彼を知るようになる。 私は全くの自己制御することはできません。

彼の舌は私の口にその方法を下っていき、それ自体のハードと高速のセットを押します。 私は今、もう私を保持することはできません。 それは私のために行くとき、私は私の手でベンチにしがみつく。 あまりにも長い間セックスなしでされた後、迅速かつ強烈なオーガズム。 これは、このことから戻ってきそう時間はかかりません、それは私がほとんど自分自身を強制され引き裂く高速です。 彼は少し驚いたが、私は再び、もう少し正常な呼吸に戻る受信した後、彼を見下したときにも面白がって見えます。

"それはあなたのために速く行ってきました。 続行しますか? "

"それは私のために高速だが、私は多くのオーガズムを得るでしょう、私は約束し、"私はリラックスした笑顔で答える。 私は性的に幸運。 それは行くためにもクリトリスを刺激しない。 あなたはそれを "膣オーガズムを呼び出してください。 "

彼は私の前に立っているように、彼は興味を持って検索し、興奮した。 私の胸、ピンチ、小さな乳首を愛撫し、再び私にキスを。 今最悪の枯渇がオーガズムの後に上に渡され、私の体は再び回り始めると、私は彼と彼の体に興味でしょう。 私は彼のことを考えて自分自身の喜びのために離れていた前に、彼が私を押さえた後でも、機会をいませんでした。

私は彼に愛撫を開始します。 肩、腕、腰、胸、乳首に軽く挟む。 今うめき声に自分のターン。 私は彼の舌で遊んで、曲げ、それらのいくつかを撮っています。 私の手は彼のタイトなお尻を抱いて。 股アップしてお尻を愛撫します。 ジーンズの膨らみが有望だというBulan。 私はベルトアップ熱心に引き裂くことなく、もう私を保持し、ボタンをunbuttoning開始することはできません。 困難なので、タイトなファブリックの一部と私は彼のフライを得るために管理することができます。 彼は下にボクサーパンツを身に着けている。 私の好きな​​私が選択した場合は、スポーティーな外。 ここにも範囲。

私はベンチから飛び降りるとパンツとboxernaを引き出します。 私の目の前に浮上しているハードコックに興味がありません。 すぐに発見された私の目を数えるnormalkukより少し大きい粗い、均一な厚さ、。 わずかに上方に湾曲する。 私は助けるが、そのふんぞり返っていられるほど余裕は、それが味が方法を知っている亀頭にすぐに包皮と優しいなめを引き戻すことはできません。 彼はうなり声と、片手で髪のグリップを取ります。 プリ兼少しは楽しみにして、私はそれをなめる。 私は彼と彼のコックにその効果を持っている知っているから発射されます。

"はい、私のペニスの味は、あなたの暖かい口の中にそれを取る"と、彼はうなり声。

私は今、多くの感銘を受けました。 彼は同じくらい、彼は私が楽しむために導いとして楽しみたい。 私は舐め、試飲、少しサークルや遊びを描いて、彼のかかとに彼の正面に座って、あなたの舌が亀頭に遊びましょう。 と私のコックを紛らすために口の中に唾液を収集するので、スムーズになり、簡単に私の口の中に忍び込む。 唾液が亀頭から、シャフトダウンドレインすることができます。 でも、ポルノの事は、私はhorniness考える。 ポルノが実質的に、誰もが乾燥撫でされたいとは思いません。 それは同じ素晴らしい感覚を提供していません。

彼のコックは、唾液を装備していることを見た後、私はそれは私の口の中にスリップしましょう​​。 私は歯に対してこすりしないように注意する必要がありますので、それはかなり大きいです。 私はできる限り私は限り私のコックを注文する前に彼のコックと文字列の下側の舌プレイは慎重に行います。 彼は立って、角質の目で私を見下ろす。

"はい、はい。 お口の中でそれを取る、私はあなたの僧侶を宣言します。 あなたはだろうか? "

はい、私は思うだろう。 あなたは私の水槽の全体を通して興奮の震えを送ることができます。 私は彼が本当のふしだらな女のように口の中で私をファックしたい。 ちょうど彼らが望むものを得て、私は選択できません。 私は彼が私のアイデアを得る方法角質見ることができるように彼の目を見上げ、静かにうなずく。 それは口蓋に当たるまでのあなたのペニスをスライドしてから、私はそれが再び口を滑らせません。 私のオープンで、濡れた唇に対して、休んでいる亀頭の先端まで、すべての出口。 亀頭とストリングの前後には、亀頭の溝に舌で遊んで、少しからかう。 陰嚢を軽くけいれんや脳卒中kukroten周りに手で、他の。 すべてのkukskaftet数回にわたって、適切に唾液をこすりオフけいれん。 それはそれはさらに困難になります。 彼は私の頭の上に高いうなり声: "はい、はい"

突然、彼はタイトなグリップと一致尾の後ろに私の髪を収集し、自分は彼の刺すを手に取り、私の口の中にハードにプッシュします。 私は驚くべき操作のバランスを失っていますが、私が倒れないように、彼は片手でしっかりと私の頭を保持しています。 私は喉の下の道路の途中で唯一のハードコックを持って、それはのように感じている。 スタッドと息をのむような、彼は再び早くそれを取り出します。 それが再び口に実行される前に私はすぐに吸い込む。 私が生産し、それが彼の口の中で小川に排水された唾液を飲み込むする時間がありません。 それはかなり難しいと次を低下させるのですが私は気に入っています。 全体的な状況はとても奇妙で、ひどく刺激的です。 私は彼が私と一緒にこれをやってみたい。 私は深く私の口の中に、あなたの喉下に彼のハードコックを感じることができます。

彼は私には難しいmunknullarとき、彼はうなり声とjuckarの腰。 私はその間に自分自身を助けることが触ることはできませんが、私の手は、私がやりたいことは自由です。 彼は私の息ずに私の口の中で正しい長さを得ることができる位置のようなものを発見した。 それは私が何も言うことがないことを知っているのは素晴らしいことだ。 私の1手は、彼のボールとストロークにまでさかのぼり、彼の喜びは大きくなりますので。 私の他の手が私のクリトリスと濡れたスリットを愛撫。 私の口の中で、彼のコックとうめき声。

やっと彼が立っている位置に私をプルアップする前に私を愛撫し始める。 私のfittöppningに対する彼の岩ハードコックのためにベンチに私を持ち上げます。 あなたのペニスは最大にスライドさせ、上下のスロットに数回、ソフト、大規模な、光沢のある亀頭と彼女のクリトリスをこすりません。 光沢のある、私のジュースで濡れて。 今では再び大声でうめき声に私の番です。 私は角質だ、私の中の深い彼の美しいコックを持っていると思います。 彼は優しくkukhuvudetに、穏やかに、私の目に見える優しくjuckar膣が開けるように、開口部の亀頭を調整し、を押す。 それは私が濡れた時にもかかわらず少し遅いです。 彼は私が予想より大きいです、彼は遠くと遠く性交を開始することができるように、所定の位置にスライドされる前にそれは少し時間がかかります。 私は喜んで泣いている、うめき声​​、壁に戻って彼の頭を押してください。

"ああ、はい、どのような救済神。 "

それは私を塗りつぶす方法を感じ、それはとても難しいとうれしいです。 セミベンチに位置し、私としては彼のために同じように素敵に見えます。 私たちは互いの体を、熱、欲望とセックスを楽しむことができます。 私たちはお互いに知らない人ですが、我々としても我々が同様に思うので、魂の伴侶になるとセックスを楽しむかもしれません。 私はそれを恥じなくても、彼のおもちゃになりたい。 私はいくつかの痛みと混合した喜びを感じたい。 私は彼がもし一度だけ、またはカップル、私と一緒にこれらの事を共有したいことを願っています。

彼はその完全な長さで全体のペニスを推進している、それが私の底を打つ方法を知っています。 彼はそれが傷つけてしまうため、それが問題だったでしょうが、今ではそれが正しい方法です少し長くしていた。 私のコックは、彼が私にはそう荒れているので、感じているが、それは喜びと混合される。 もはや私は黙って、彼に対する私の腰を動かし始めることはできません、彼はそれらを保持してペースを上げるをとります。 私の代わりに、彼らの肩上に彼の周りに私の足を賭けるが、そのための彼。 私はベンチに横にと私に彼の推力が深く、難しい感じ。 うめき声と喜びのwhimpers。 私の胸を手に取り、彼らはそれほどスイングしないように、それらを絞る。 彼は私の手を離れて取り、私の胸をこすり、摘心し、お互いに摩擦。 私は乳首の喜びと優しさで私をオンにします。 それは複雑な心境だが、それは本当にどこへ行ったらいいかわからないことが非常に私の興奮を高めます。

それから彼は突然、自分自身を取り出します。 肩から足を降ろす、私の腰にしっかりグリップを取り、私はベンチの上に傾いた床の上に立つように振り向いた。 彼は亀頭が私の濡れた、熱いfittöppningを盗聴することができます私は少し不愉快。 私と角質のように、私は再び私のハードコックを取得し、それが私たちのために可能になるまで性交する、1つだけの思考を持っていると我々はよりを行うことはできません。

私はそれを自分で持参しようとする後方juckar。 彼は低いと私を保持して笑う。

"あなたはそれをするには、後ろからあなたに私のコックを感じるようにしたい?"

"はい、お願いします、私の中であなたの美しいコックで実行され、"私は祈り、再び私に彼のコックを挿入するために到達するために試みたが無駄になるが、彼はタイトなグリップで私を保持しないでください。

"今は反抗的だ、あなたに合うか、私はここに担当している人物とは誰表示するために得るかもしれない"と彼は私の耳に警告が表示されます。

"私を性交、再び私に来てください!"物乞いをして、私は彼のグリップから私は緩めしようとしていた間、私は興奮で祈る。

彼は私の手は残忍なグリップの1つに集まったまま、戻って彼女の頭を曲げ、私の髪のホールドをつかむ。 私はそれが完全に今、私のオマンコから流れ出る方法を知っている、脚の内側に少しダウンが実行されます。 私は彼が私と一緒に何をするかが大好きです。 どのように彼は私が点灯しますので、私を治療する方法を知っています。

私は準備ができているときに性交するつもり、だ、それが決定した私ですが、ご存知ですか? 彼はかすれ、興奮した声で私の耳にささやく。 私の耳たぶニブリング、ダウン首以上、首の後ろ。 かみつくビットが難しいので、私はより多くのために駄々をこねる。

"はい、はい、あなたが決める、"私はかすれた声でうめいた。

彼はちょうど私がテントの霧の中でそれを理解するようにこのゲームの火花です。 私はまだ我慢できない、私の全身が燃えています。 私はうめき声と泣いている、トランスのように移動するが、それの私はほとんど知って。 それは再び私にスライドする前に、私のお尻に対する彼の硬いコックを感じるように、彼に向かって戻って移動しようとしています。 彼は私の髪、手、混練私のお尻を手放すされた知っているようだ。 その中で彼の指を埋める、私にいくつかの手のひらのストライキを与えるので、私は驚きに叫び、それが痛い。 直接傷つけるが、それはさらに私をオンにしないでください。 私はベンチに対してより、私はさらに曲げながら、彼女の足を広げ、押すと胸をsvankar。 彼は濡れた開口部を越えて、スロットにそれを引っ張って、私の柔らかいお尻に彼のコックを数回に当たる。 私はうめき声、私にそれを感じるように依頼、駄々をこねる。

彼は開口部に対する彼のコックのためにそれ自体で目的と徐々にそれを戻すために開始されます。 私は彼を急いでしたいが、彼はグリップのように腰をそれを理解し、締め付けで私を保ちます。 私はすべての私の骨盤を動かすことはできません。 彼にすべてを残しておく必要があります。 あなたのペニスは、内を摺動し、再度私を埋める方法を知っています。 彼はそれが私のズキズキ猫の欲望を脈動されるか、どのように難しいです。 センチメートル、センチメートルでスライディング。 永遠のように感じている。 私は遠い彼が私に入った、より多くのうめき声だ。 最後に、私は彼がとどまる方法を知っている、彼は​​再び岩底を打った。 私はまだ完全に保持されます。 私は、彼と一緒に待って大きく呼吸し、完全にこのような素敵なコックで満たされている感を楽しんでいるとこの男をファックしてみてください。

彼は私の2つのアームの保持と後方に曲げ、背中を越えれる前に今、彼は数秒待機します。 手首をつかみ続けるので、彼は私の腰のスーパーグリップを持っていながら、私は緩まない。 完全な長さに彼のコックを引き出し、1ストロークでそれを実行します。 私はストレート喜びの悲鳴を上げる。 それが本当に正しい感じているので、依然として厳しいですが、私は角質だから私は素晴らしい感じています。 嬉しいことに、彼は一番下に彼のコックをプラウたびに叫ぶ。

彼は私を保持し、高速なハードディスクと深いにプッシュ保つことができるグリップと、より速く私に性交を開始します。 私は完全に私の猫と骨盤から広がる素晴らしい気分で行っている。 私の後ろに、彼の迅速かつ厄介な呼吸が聞こえます。 Det är så härligt att höra och jag juckar tillbaka lite gör små cirklar med underlivet medan jag spänner mina fittmuskler om kuken. Hör hur han stönar högt av njutning och överraskning. Släpper taget om mina armar och lyfter upp mitt ena ben på bänken, grabbar tag om mina bröst och fortsätter knulla mig snett bakifrån med händerna på mina bröst. Känner hans hårda bröstkorg mot ryggen och hör hans andning i örat. Nafsar i mitt öra, viskar kåta saker till mig.

“Du är så skön, fan vilka härliga bröst” “Din fitta är så trång och våt passar perfekt till min kuk”

Jag kan inte mer än stöna: “Ja, ja jag älskar dina händer, din hårda, sköna kuk” Vi kysser varandra snett, en slarvig kyss i hetta. Knullar hårt några tag till innan han avbryter. Med kuken fortfarande kvar i mig.

“Böj dig fram” säger han och puttar ner min överkropp på bänken. Greppar tag om mina höfter igen och särar på benen mer än tidigare. Juckar in och ut, hårdare, djupare. Jag pressar mig ner mot bänken och svankar så mycket jag kan. Han knådar min stjärt, mina skinkor, gräver ner fingrarna i dom och drar dom isär. Känner honom smeka försiktigt med tummarna mellan skinkorna, över anus ner mot fittöppningen så långt han kommer åt.

Jag svankar, rör mig bakåt, gnäller till när han rör min bakre öppning. Kan inte låta bli att njuta, det är så skönt. Han stannar till där och smeker intensivt i cirklar. Väter fingrarna och återgår till att smeka min öppning med bägge tummarna omväxlande samtidigt som han knullar mig i mer lagom takt fortfarande med ett stadigt tag om mina skinkor.

Gillar hur han smeker mig, bestämt men ändå mjukt. Känslan av hans kuk i mig samtidigt som han smeker mig bak är troligt upphetsande och jag rör mig snabbare mot honom för att få honom att öka takten. Hans tummar pressar sig sakta in i min stjärtöppning, växlar mellan höger och vänster. Vänjer muskeln långsamt att öppna sig för honom och hans krävande fingrar. Känner saliv droppa ner, det hetsar upp mer. Gör det hela skönare när det är glatt och det går lättare.

“Är det skönt, är det skönt att bli smekt i stjärten samtidigt som jag knullar dig?” frågar hans hest. Han tänder på detta med det är inte svårt att höra och känna.

“Ja, det är skönt, jätteskönt, ” svarar jag stönande där jag ligger med huvudet mot bänken och njuter.

“Jag ska inte knulla dig i stjärten i kväll, det kan vi göra en annan gång jag vill bara se hur du njuter av det. ” säger han.

“Mmm, ja, snälla fortsätt”, säger jag bara. Är så inne i njutningen att jag knappt hör vad han säger men det har ändå gått in i mig. Han vill träffa mig igen, härligt!

Han ökar takten och knullar mig hårdare, hårdare med en tumme införd djup i mig, den andra smeker fortfarande öppningen. Jag stönar högre och högre liksom han. Känner honom pressa in den andra tummen med. Letar sig in och smeker den känsliga, tunna väggen mot slidan där hans kuk jobbar. Det är otroligt skönt och ja vet att jag kommer komma när som helst. Jag juckar så hårt jag kan för att få honom att fylla upp mig överallt, hårt, djupt och snabbt. Han verkar förstå att jag inte vill att han håller tillbaka mer, utan ger allt.

Byter tummarna och för in två fingrar i min anal istället för att komma längre in och knullar mig våldsamt i mina bägge hål tills vi skriker och krampar tillsammans. I flera minuter har våra kroppar muskelryckningar i extas och vi har fullt upp med att hålla oss uppe. Till slut ebbar det ut så smått och vi drar oss från varann för att kunna sätta oss ner.

Pustar ut och ler trött åt varandra i förståelse.

“Wow, det trodde man inte när man skulle tvätta i kväll”, säger jag trött men glad.

“Nej, verkligen inte. Det var så skönt. Du, jag måste ta och gå nu men jag vill gärna träffa dig igen är det ok för dig? Jag kan kolla upp när du har tvättid nästa gång så kan jag fråga dig om du vill då. Vi kan ju ta och gå in till dig då kanske?”

Självklart jag vill tänker jag men vill inte verka alltför ivrig men svara ändå: “Visst, gärna. Det här gör man ju gärna om”, ler och skrattar lite.

“Då säger vi så, skulle något hända så sätter jag en lapp på ditt tvättlås så du slipper undra”. Han kysser mig mjuk och klär sen på sig ihop med mig. Säger god natt och hej innan han går.

Tvätten är nu försenad så jag tar med mig allt vått och hänger upp inne hos mig. Resten av tvätten hittar jag en ny tid till, om tre dagar, samma tid. Får se om han är pigg på en repris redan då tänker jag och ler för mig själv.

83 svar to “Möte i tvättstugan”

  1. Jens:

    Denna fick mig riktigt kåt! Perfekt skriver!

  2. Ingrid:

    非常によく書かれた! Pulsen ökade i takt med att historien fördes framåt. Blev ett med berättaren, bröstvårtorna hårdnade och fittan blev våt. Det är nästan så att jag är på väg till tvättstugan.

  3. hon:

    säger bara “herregud!!”

  4. Anna:

    Vrf kan inte sånt hända mig när jag tvättar?? hihi ;)

  5. Stina:

    sjukt bra novell, skulle inte vara dumt att ha en så bra kille i sängen. Upphetsande berättelse, verkligen!!!

  6. Roger:

    kåt blev man så man gick åt. varför träffar man aldrig en sån tjej i tvättstugan själv för?

  7. Apatia:

    Skööön novell, grymt bra skriven, perfekt upplägg och allt. Det måste bara hända mig !! + +

  8. eva:

    önskar detta kunde hända mig. blev helt otroligt våt av att läsa detta….
    skriv gärna mer….

  9. Janne:

    Riktigt jävla bra novell alltså!!
    Kan inte ana hur många gånger ja hann komma:-P gärna till ett sånt sex!;)

  10. Ida:

    det här blev jag sjukt kåt av. tvungen att onanera efter jag läst det.

  11. Fäktaren:

    Fråga inte varför jag ska hänga i tvättstugan varje dag nu ;)

  12. Anna:

    Det här va en go novell det!Jag blir superkåt…
    Oj oj oj…nu ska jag gå in till mitt sovrum…

  13. Henke:

    Ruskigt bra novell!! Så de är i tvällstugan ni gömmer er tjejer;)

  14. Harald:

    Väldigt väldigt bra, första sexnovellen jag läst. Gav mig ett bra första intryck.

  15. Girl:

    Sjukt bra skriven, den bästa jag läst!

  16. tjej:

    Nej jag tror jag måste tvätta boys ;D

  17. Du vet vem:

    Mycket bra skrivet. Det mest upphetsande jag läst på år å dar ;-)

  18. Sofia:

    Ojoj, har bara lust att läsa den om och om igen..
    Väldigt upphetsande!! :)

  19. Bromell:

    Detta var helt galet bra. Jag har själv inte upplevt det i en tvättstuga. ^^ Kanske borde pröva det där med tummarna på min fru. ;) Tack för tipsen. GULD NOVELL!

  20. Sanna:

    jag håller med! väldigt upphetsande! var bara tvungen att väcka min pojkvän och göra någonting åt Det.. 2-1 blev det dessutom som i novellen!

  21. Sarah:

    うわー。 D e grymt bra på att skriva. Upphetsade mig till max.. mmmmmm

  22. sven:

    ypprlig text och välskriven, inte så rå.kunde se henne framför mej!

  23. elin:

    sjukt bra novell, två orgasmer efter varandra på samma parti.. varför finns det ingen sån kille i min tvättsstuga??

  24. The Dildo Is In The Wardrobe:

    underbar..
    har läst den ett par gånger, men jag blir alltid lika kåt efter varje gång!
    Jag har kommit flera gånger när jag läste det här.
    Hoppas den va sann..

  25. Mr Manolo:

    Läckert att så många tycker att det läckert… det måste finnas en anledning…

  26. ellinor:

    gud vad kåt jag blev! jag kom flera gånger! verkligen en upphetsande historia! den påminner mig om någon jag tidigare mött!;)

  27. Maria P:

    Härligt bra! Är i tvättstugan nu;-) fan så kommer de in en tant:-S!

  28. Veronica:

    Jättebra skrivet! Oerhört het, sexig och sensuell. Önskar jag var i tvättstugan ;o)

  29. Johanna:

    mm ska gå och väcka pojkvännen nu, hoppas han blir glad. är såå VÅT

  30. Rosita:

    härligt bra är fortfarande riktigt blöt det riktigt rinner där nere har inte änns snuddat vid musen härligt bra

  31. Buu!:

    Vilket skön metod att tvatta även kuken. Det bör göras på detta sätt ett par gånger varje dag.

  32. random:

    wow.. den här novellen är helt enkelt ett mästerverk :D Blev stört kåt, mer liknande noveller tack!

  33. Caroline:

    Vilken novell! Blev vansinnigt kåt när jag läste den, var tvungen att “ta hand” om mig själv efteråt ;) Visst brummar det i hela kroppen efteråt! Mmmmmm

  34. ida:

    sjukt bra skrivet. mycket spännande och upphetsande!

  35. Ellinor:

    Åååh guuuud! Bästa novellen på länge. Måste onanera nu.. jag är så våt..

  36. Maja:

    Om jag säger när jag har tvättid, kommer du till min tvättstuga då? ;)

  37. J88:

    blev fruktansvärt kåt av att läsa denna novelen. kom två ggr innan jag ens hunnit läsa klart den:0)… en sån tjej skulle man träffa nån gång!!

  38. Pekka:

    Åh helvete va kåt jag blev… Va tvungen att runka flera gånger… Den som skrev novellen är ett fucking genious

  39. Dali:

    näää men jag får la gå te tvättstugan daaa=)

  40. kukuku:

    Vilken underbar grannsamverkan när två kåta hyresgäster kan få knulla sig nöjda.
    Gärna en fortsätting uppe i sängen och kanske några portioner på köksbordet.

  41. sangre:

    äsligt, jAG BLEB INTE VÅT ALLS?

  42. Sanna:

    åh gud vilken härlig novell! Mycket bra skrivet. Väntar spänt på en fortsättning :-D

  43. sofie:

    jag är så grymt upphetsad… mer mer mer…

  44. marie:

    härligt jag har tvätttid ikväll, kan ju alltid hoppas på att samma sak händer mig ;)

  45. Jonas:

    Helt jävla underbart^^ är så sjukt kåt ny;)

  46. Johanna:

    Mött mig i tvättstugan killar…

  47. 広告主:

    mycket bra, var tvungen att åka till exet och råknulla henne på köksbordet fick en örfil som tack

  48. Martin:

    Mycket bra story, är 16 och skulle vilja uppleva något liknande erotiskt! Femstjärnigt!

  49. Martin:

    skitbra!

  50. Nisse:

    Förjävla bra

  51. Grannslynan:

    Been there done that. ;-) Vansinngt bra skrivet och galet upphetsande! *phust* Thank u!

  52. oooh:

    jävla bra skrivet man blir kåt hoppas den var sann

  53. znakezwamp:

    Efter att jag läst det här dryper min lem av kåtsaft… varför köpte jag egen tvättmaskin? Kul att läsa om sex ur en kvinnas synvinkel också!

  54. Marcus..:

    Vart jävligt kåt av det där. det är riktigt skönt att ha sex på tvättmaskinen också.

  55. Blondie:

    Åhh,den var sjukt bra,och man blev ju sjukt kåt av den:O halvvägs gjorde en riktigt våt. omg.

  56. PC:

    Härlig novell. Påminner mig om några egna historier i tvättstugan. Lite extra spännande plats för sex.

  57. A,N:

    Det ringde när jag va mitt i allt ihop :( förstörde stämmningen lite men va fortfarande en riktigt bra upplevelse. Bra skrivet och lagom lång!

  58. Andreas:

    ワウああ何ショートストーリー、素晴らしいオーガズムがあったが、まだ別のものを修正する必要があります。

  59. Hetbrunett:

    Sjukt bra! Fan att man bor i hus och inte kan gå till någon tvättstuga!
    Kåt blev man! Men Ni killar kan få komma och tvätta hos mig;-) hoppas på en fortsättning!

  60. Oskuld:

    Tack för den super novellen!

  61. Oskuld:

    Tack för den super novellen! Den kommer förgylla min natt…

  62. Horny dude:

    Fruktansvärt bra! Kåt som faan, måste leka me mej själv en stund nu tror ja ;D… Vrf kan inte sånt här hända mej!?.. Kan någon snälla komma hem till mej och tvätta lite ;D

  63. sofia:

    nu vill jag att min pojkvän ska komma hem!

  64. My:

    Jag säger bara, hot hot hot;-)

  65. johanna:

    mmm, en mkt bra o upphetsande novell. säger då bara det. jag ät tjejen i tvättstugan, jag har upplevt det! :) underbart!!

  66. Sara:

    Åh gud, blev riktigt kåt! bra skrivet.. onani nu :)

  67. Linnéa:

    Wow vilken härlig sexnovell! Den bästa jag någonsin har läst! Jag blev enormt kåt, kändes som om man verkligen var i tvättstugan med den killen! Jag fick precis en underbar orgasm! Tack för en bra novell!

  68. nanna:

    Fy fan.. Den var bra.. Man blir kåt som bara den

  69. Fanny:

    Jävlar.. Jag blev så jäkla kåt! Tror att jag ska ringa min pojkvän nu, vi behöver en runda!

  70. simonsen75:

    WOW! Längtar till mannen kommer hem skall försöka hålla mig…..försöka i alla fall hehehehe

  71. emma:

    åh guuh jag är så kåt just nu tur att killen kommer snart

  72. Ruben Bockfot:

    Att klädtvätt kan ha sina bästa sidor kan vi läsa av träffen i tvättstugan.
    Först lite klädsamt blygt, sedan börjar åtrån göra verkan och de första
    beröringarna hetsar upp varandra till mera närgående handgripligheter, att
    bröstknopparna blivit större och hårdare är ett tecken på att hormonerna sjuder
    och en närmare kontakt med det mest intima närmar sig sitt klimax. Att få känna
    att musen känns allt våtare och väntar på en behandling som vi båda tycks vänta
    på.Att få och ge är en guds gåva som är förunnad åt två kåtingar med samma vilja.
    Tvättstugesex är att rekomendera åt alla som är mogna för detta.
    Tack för en välskriven berättelse, utan råhet, men sexigt i topp.

  73. Jenny:

    Synd att man inte bor i lägenhet längre!! =)

  74. Bosse:

    Kuken stog som ett spett hela tiden. Fick ta ett ordentligt tag för att den inte skulle spruta rätt ut innan jag läst klart, men sen…. En härligt kåt och upphetsande story. Jodå, jag fick en jätteorgasm efter att ha runkat på en stund.

  75. tjej:

    Höll mig under hela läsningen och kom samtidigt som dem, riktigt grym skriven!;-)

  76. snasktanten:

    f** va bra!

  77. イェンス:

    Tack för en kanon novell , sitter med ett rejält hård kuk som strax ska få spruta, men som sagt tack för att du skriver en så bra novell som ger alla dessa kommentarer älskar att läsa inlägg för alla dessa kåta tjejer blir liksom pricken över i

  78. mary:

    fan så kåt jag blev av denna novell, sitter med ett finger i fittan nu… det rinner ur mig verkligen… nu ska jag ha det trevligt en stund

  79. emelie:

    blev jätte våt och min pojkvän kom nu, nu jävlae!;)

  80. jojje:

    När kommer fortsättningen?

    Jag har läst denna novell flera gånger och tycker att den är superb!

  81. Lösvaginor:

    Ska nog börja tvätta lite oftare vem vet… jag kanske har tur=)

  82. Kristina:

    Sanslöst härlig ;-)

  83. Kvinnan som längtar:

    Bra för själen…..

Kommentera Möte i tvättstugan