アクメ

この素晴らしい夜。 私はあなたの力に完全になった。 私はソファに座って悪いのテレビ番組にぼんやりと見えた。 私はちょうどシャワーを浴びていたと私の長い絹のローブ、赤いテディベアと黒網タイツの下に着ていた。 あなたが入ってきてソファーの上で私の横に座った。 徐々にあなたは私のふくらはぎと太ももをこすり始める。 その後、私の腰をしっかり安定したグリップを取る。 キスとニブリング。 あなたは私の腿の上に硬いセックスをこする。 首を優しく私を連れて行ってくれる。 私のペニスをしゃぶる、あなたが言う、彼のフライをプルダウンし、私の暖かく、喜んで口に彼のコックを押すと[ ...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (18票、平均:3.22 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

ジョギングトラック上でオナニー

これは、 "24 horniness"の独立した続きです。

私は黒いTシャツと私の赤いパンツに入れて、私のランニングシューズを結びつけるためにダウンし曲がって。 それは素敵な初夏の夜だったと私は外に出て私には非常に楽しい経験である森の中に実行するために私のためだった。 私は約一時間で帰ってくるだろうと両親に泣き半前、私は出て行って、森に向かった。

約10分後、私は森の中にあった走った。 [...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (34票、平均:3.76 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

JERK OFF以上

それは亀頭の上にとを上下に移動したときに包皮を見たり、静脈が彼のコックのhorninessで振動表示するにはより魅力的なものがあります。 私は片手でマッサージその他の陰嚢でオフけいれんしている。 それは睾丸から皮膚を引っ張り、親指と人差し指の間にロールバックするうれしいです。 私の毎日のルーチンは、少なくとも3つのマスターベーションセッション、仕事の後の朝に1つ、夕方に2が含まれています。 我々がポルノを見たとき私がオフけいれんしている間に私は時折彼女の猫をマッサージする私のガールフレンドと一緒に暮らす。 [...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (平均22票、5の3.18より)
Loading ... 読み込み中...

ロッカールームで

なぜそれが覗くように高揚させるでしょうか? 最も重要な理由は、すでにルネッサンスの芸術家が知っていることはおそらく次のとおりです。女性が必死になって美しいです! その後、同様に心理的な説明の山は確かに存在し、古いタブー、実際の接触の恐れ、 "ねじれた母のイメージなどが、地獄で、率直に言って、見てすることが素晴らしいの短いものではありません。

私はVästbergaの市立養護老人ホームで数年働いていました。 別のロッカールームは1、他の両方を想像する機会があるので、毎朝、話していません。 [...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (23票、平均:2.04 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

オーレ&エヴェリーナ、パート4

オーレは、期待でいっぱいだった。 今では2週間以上前に彼とエヴェリーナ最近会っていなかったと彼はそれが前に長すぎると思いました。 彼の人生は彼らの関係が起こっていたまだ比較的短い時間の間に完全に変わっていた、と彼はもはや彼女なしの生活を想像できなかった。 ただエヴェリーナは彼がそれをすべて楽しむことが得ることができる、唯一の彼女は彼が存在して知らなかった情熱を感じることができました。 しかし、今、彼は再び彼女に途中で車に座って、最後に[ ...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (21票、平均:3.81 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

オーレ&エヴェリーナ、パート3

エヴェリーナはホテルの部屋で広いベッドの上にあった時計を見た。 それはまだオーレがついに来るまでの残り時間であった。 彼女は彼のことを考え、すべて彼らが会った最後の時刻を行っていた。 彼女はほとんどそれについて考えること自体に彼を感じることができました。

突然彼女は別の時間を待つことができなかったことに気づきました。 すぐに彼女が取り除かれて、再びベッドの上に裸で横たわっていた。 彼女は徐々に自分自身を撫で始めた[ ...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (16票、平均:3.88 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

オーレ&エヴェリーナ、パート2

オーレは、彼女の頭の彼女を得ることができませんでした。 それが一週間以上前に今あった彼らは迅速に、しかし強烈な愛のミーティングを行いましたが、彼はまだ彼女のキスの味は、彼女の香水と彼女の肌の香りを想起させる可能性があります。 そしてもちろん、忘れられない彼女にスラストしているような感覚とはそう完全に彼女を記入してください。 それはとても素晴らしいしていた。

エヴェリーナは、月曜日を楽しみにしていた。 それは奇妙でしたが、どういうわけかそうでなければ待望の週末はその魅力を失い、代わりに、彼女は仕事で、彼女は最高のオーレで接続できるコンピュータでありたいと切望していた。 [...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (15票、平均:3.47 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

オーレ&エヴェリーナ、パート1

彼はスタートで目を覚まし、時計を見た。 彼女は7〜四半期であった。 オーレは今少し緊張しました、彼はエヴェリーナ現在ダウンして途中で車に座っていることを知っていた。 彼は前に彼女に会ったことがなかった、はい、しかし、インターネット上でチャットのページに、彼らは2週間前に会った。

それはかなり迅速に、それらの間の特別な雰囲気になっていた、と彼らは人だけで会うことにあったことを理解していた。 彼女は、彼が南から家に歩いていたときに満たしていることが示唆されたときにまだ彼は驚いていました。 [...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (18票、平均:3.72 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

必要は法を知らない

本当に人間味のあるお部屋をご覧ください。 テーブルの隅にいくつかの椅子とベッド。 ベッドの上にきれいに折り畳まれた一枚です。 あなたが入るとドアが開き、優しさの暖かい波が私の体を流れる。 警官は、影響を受けた、愚かな笑顔を笑顔と冷たい、わびしい部屋にそこに単独で私たちを残して。 私たちはお互いの目の前に座っているだけに見える。 我々が会ったので、それはとても長かった。 あなたはタバコを点灯するときあなたの手はほとんどいつの間にか震えている[ ...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (10票、平均:5の3.00より)
Loading ... 読み込み中...

早期のための何か

我々は、ふたりとも裸であった。 だから裸の男はただお互いのためかもしれません。 何かが起こると思われる場合だけです本当のヌード。 空気が暖かいでしたが、それはビロードの素敵な作品のように思えた。 ノー·ワン·私達に何をすべきかを伝えることができなかった。 私達のちょうど2つは別のもの上のパワーを持っていた。 緊張は耐え難いであった。 いない1は100mまたは大きな試験の最後の前に感じるスリル。 これは、よりエロチックだった緊張した。 空気が彼女の素晴らしい香水の香りに満ちていた。 [...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (18票、平均:1.94 5のうち)
Loading ... 読み込み中...