スウェーデンのmatrixjoga - エロティックな物語»matrixjoga»中級の先生

中間の教師

町のすべての会場が閉鎖した後に一晩、私は取って、地元のハンバーガーサービングに私の友人。 それは常にそこにヒットする傾向がある。 時にはそれはあなたが知っている皆を見に行くことはほとんど楽しい。 市内のホテルは大きな有名人のパーティーだったでしょう。 私と私の友人は、しかし、さまざまな理由でそれをボイコットしていました。 キューが長すぎること、とりわけ。 Kön till kassan på Hamburgerstället var väl inte vad man brukar kalla kort den heller men eftersom man hela tiden samtalar med sina kökamrater och ingen trängsel förekommer så är det ju bara trevligt. Själv var jag ovanligt glad och pratsam den kvällen. Beroende på både bra humör och diverse intoxikerande drycker jag druckit. När jag står där i kön hör jag bakom mig en dialekt som inte hör hemma i mellansverige. Någon gör försök att härma skånska R, utan att låta särskilt lik, men även den övriga dialekten stämmer illa överens med norrländskan som talas i trakterna.

私は今のところかなり凝った話をしているので、私は振り向くと音がする人の失敗を指摘している。 それは20代の女性であることが判明した。 赤い髪を短くし、彼のブロンドのガールフレンドを維持リネンスカート。 私はそれが良い音が、彼らはどこから来るのか、まだ不思議ないことに注意してください。 推測ゲームが開始され、私はカール面積を推測する。 それは2人の女の子がボフォースからであることが判明した。 私は平らなパンロールを注文する前に、私は銃や火薬約狡猾な何かを言う、私はその後、感触は正しい選択です。 私はそう多くはないと考えますが、私はギアを得るために待っている間に女の子と話を​​し続けています。 私はそれを得るとき、私はほとんどなくなると思いますが、女の子は彼らのために場所を修正するために僕に訊いた。 と言って行われます。 2かなりかわいい女の子が私と一緒に座って食べたいとき、私は少し光栄取得しています

私は私と二人の女の子の両方の場所を修正するために管理することができます。 私の友人はどこかに座っている。 私たちはすべてについて話しています。 それは女の子が25及び26歳であることが判明した。 それは私の年齢になると、私はうそはありません。 多分何かがあなたが本当に必要がありますが、私は正直な人です。 それがあるように私はそれを教えてください。 私は20です。 これは少し兄弟等の年齢の通常の嘲笑に加えて、女の子、目に見える方法で抑止することはありません。 私は次のように使用されています。 私は赤い髪のかわいい女の子と一緒に近くに座っている。 女の子は自分の名前を言うが、私はすぐに削除し忘れている。 一つはかわいいときに女の子がいます。 どちらも、スリムフィットの外を見ています。 ブロンドは彼らの目を取ることは困難であるネックラインを持っています。 まだ私は彼女にそう興味がない。 彼女は私と一緒に腕にベンチアームの上に座って少し長く私や他の反対側の椅子に座っている。 また、それはそうブロンドの町ではなく、ストックホルムではありません住んでいませんが表示されます。 赤髪の、しかし、町の学校の教師として働き、それは彼女が引っ越した理由です。 ジョブの酒。

突然それは少女が残しているです。 私にハングアップしようとしているでは試行を行いません。 私はまだ何かが起こるという信仰を持っていません。 それは悲しい嘘感じるが、あなたは何を行うことができます。 私はちょうどそのように私の友人に貸すことができないと私は赤毛だと思います(私は今では金髪のについてのすべてを忘れてしまった)ワン·ナイト·スタンド以上の何かに値する。 私の自信は最強のどちらかではありません。 6年間の年齢差なし壁の場合問題なく越えなければならないので、少なくとも一つのハードルです。 私の側からすればOKもちろんですが、彼女のでしょうか? 私たちは家に帰る時、私はその夜それを見つけることはありませんような気がします。

後の週に、私はかなり、中学校の先生だと思います。 それは私が彼女の名前を覚えていないことを私を刺激する。 私はあまり心配し、トンネル内に改善が見られません。 しかし、我々は土曜日にシティホテルでIbizakvällつもりですので、私は彼女がそこであることをすべて私の心私を願っています。

土曜日でしょう。 私と準備週間前に同じ友人。 私たちは、私の家で座って、いくつかの遅いスケートを取る。 我々は、あれやこれやについて話しています。 我々は通常、彼と私のことを行います。 我々は両方のプラグ都市に住んでいるが、今は夏の、それぞれの両親と両方のライブ。 配置は、財政的に良いですが、あなたはいつでも望むかもしれないとは違っていた。 町でpartajaするときにはブッシュに住んでかなり難しい。 その後は、1つの方法または別の睡眠のいずれかを修正する必要があり、またはバスを家に持ち帰る。 それはバスに乗るには、[OK]をされているだろうが、バスは町の閉じのナイトライフの前に半時間を持っています。 すべての回がそんなにおかしいではない状況。

我々はかなり早い段階で町に入る。 我々はそれが非常に混雑されることを予感していると、キューは本当に我々のものではありません。 我々は、タイムスタンプを取得するために市内にホテルを移動して近くのバーでプレパーティを作り続けて上に行く。 私たちは、しばらくして市内のホテルに戻ります。

あなたが小さな町に住んでいるとき、彼らはそこにいるほとんどの人々を知っている傾向があります。 私が到着したとき、したがって、私は見知らぬ人のように感じることはありません。 夜はまだ若いであり、我々の周りに行くとほとんどのflamsar、私たちが持っている様々な知人に話している。 そして突然、私は見覚えのある顔を参照してください。 それは彼女が、中級の先生です。 私は彼女の名前を覚えていないので、私は戻って言う:

- 私はあなたを知っている! あなたは、カールスタードエリアからです! または次のように、彼女は私の自発的な抱擁を与えます。 そして、私は彼女はその夜そこに私に会うことを望んだことを意味すると解釈することを言う。 それはIbizakväll重いテクノをプレイしているので。 まさに私の好きな​​音楽は踊るしないが、私はbangenではない。 私の友人は教師の友人の上に立つと、選択されます。 前の土曜日に別の女の子があり、またこれはブロンドですが、彼女の開裂は、前者よりもはるかに少ないです。 突然私の友人が先生にキスをしようとしています。 私の心臓は停止します。 私の仲間は、女の子を得るために非常に簡単で、私は彼が今回は成功しませんない理由を参照してくださいませ。 幸いなことに、これはすぐに離れて先生不本意と消極的である。 私はそれは彼女が望んでいるが、私の悪い自尊心と私は理由はないと思うので、私だからだという深いダウンを願っています。 私は彼女がちょうどそれがあまりにもただ作るその後挨拶とするビットであると考えていると思います。 私はそれが魅力的な設定でIOFと思います。

我々は一晩中踊ります。 私は、ハイサイドのビ​​ットを取り込み、ほぼ先生が窒息と思うよ。 私は地味なようになります少なく暴力的なコースを感じる。 彼女は散歩に行くよと言うので、時間を閉じる前にNågonnの時間。 私はそれが私のを取り除くことであることを本能的に理解しています。 私はそれを理解することができます。 私は影のように一晩中して、何を試していませんでした。 私は欲望ではなく勇気を持っていた。

そこにプリンタがあり、私はダンスフロアを残して家に帰る準備をしていますが、誰かが私の肩を叩いたとき。 女の子があります。 かなり短い、黒い髪、非常にきれいではなく本当に私のタイプ。 我々は前に話してきたが、今、彼女はダンスに明らかに熱望している。 彼女は彼女の家族は彼女が今、ホテルの部屋に住んでいることを移動したと言います。 彼女は古い友人に会うために町にちょうどです。

我々は5分以上も踊ります。 それから彼女は行くと座ってしたいと考えています。 私は一緒に行くよ。 私は中学校の教師を考えるしかし私は彼女をあきらめました。 私はこのモードでは何を得ることができますみましょう。 私たちは、カウチと話の上に座る。 ブルネットは、話を続け、最終的に彼女は尋ねた。

- なぜあなたは私にキスしませんか? 私は、応答で彼女にキス。 驚くほど彼女にキス。 彼女は舌で私を迎えてくれます。 あなたは、任意の応答を得るために彼自身の舌のけいれんを取得する必要がありますとき、私はそれを嫌う。 我々は、私は彼女のホテルの部屋をフォローアップすべきかを決定します。

さて、ここで我々はベッドと首にあります。 私はロマンスの多くを我慢できない、彼女は長ったらしいタイプではないようです。 私たちはお互いに服を脱がし、私は断固として彼女をなめ始める。 静かに難しくして、最初は。 彼女はそれを好きなようだ。 しばらくして彼女は私をプルアップします。 彼女は私が良い舐めると言います。 その後、彼女は私から吸って起動しますドラッグします。 スタートの少しゆるすぎ。 でも、これを指摘するとき、彼女は難しくなります。 ほとんど無理。 私は何も言うことはできません。 それは彼女にその原料を教えるために私の使命だと同じようには感じません。 彼女は彼女の角質の猫で嗅ぐように私の極太チンポについて尋ねている間した後。 私はそれがかなり愚かに聞こえると思うが、私と遊ぶ。 私はそれが行わ取得したい。 まず、あなたにコンドームを取得する必要がありますと彼女は言う。 私は保護なしで彼女と一緒に眠っているつもりはなかった。 だから私は砦を修正。 彼女はその上に木、その後は背中にセトリングします。 私は少し手探り後、彼女に浸透し、移動を開始します。 彼女はjuckar受信し、それがかなり良い感じ。

私はすぐになります。 彼女のために速すぎて、私は想像することができます。 私はしばらくの間残って、その後移動します。 我々は再びお互いに話すことはありません。 いずれにしてもいるので、感じて私はおそらくどちらかのそれ以外の方法持っていません。 私が行くと、すでに私の心を変更したとき、私は汚れた感じ。 私は先生に考えると彼女が私に何しました。 またはそれは一度だけのために女の子が私を望んでいたときに抵抗することができませんでした私自身のエゴであった。 それはおそらく後者だった。

週に私は先生の過去よりも小さいと思います。 今度の週末には町のシティフェスティバルです。 私はハンドボールトーナメントをプレイするつもりだと私は、現時点では彼女のために必要を感じない。 私はまだ彼女がかわいいと思うが、私は彼女が弟のいくつかの並べ替えとして私を見ていることは明らかです。 彼女は感情を込めて再生することができます弟。 母親の感情に加えて。

土曜日でしょう。 我々はハンドボールを果たすが、予想よりも少ないゲームがあります。 私達はちょうど2を再生すると、両方の罰則を失うことに管理されますが、気分は上にまだある。 私は基本的には中学校の教師を忘れてしまった、まだそれは頭の後ろのどこかにありま​​せん。 誰もが彼女のそれに応じて確実に町の祭りとすべての税金になります。

私は、我々は笑うか、一つのテーブルに座って話をするべきかについて、どのように私は最終的に私とキスをする勇気が再び夢を開始します。 戻って、彼女はキスを私に、私の喜びはとどまるところを知らない。 それは夢ですが、幸福感は、私はほとんどそれに触れることができるように充実しています。 突然、私は再び彼女を考えると、私はそれを終了し、個人的な啓示とでたらめの意味そのすべてと霧に入るので、私たちはパーティーの力を起動したとき。

飲酒は、難しいことではありません。 私たちは、街まで行くと酔っているが、いくつかの方法で強すぎることなく、されています。 私は、新しい仲間、ハンドボール仲間は、お金を取り出し、我々が出会う人々に話している。 我々は、他のプレーヤーを満たすために、彼らに話しています。 私は今大学に私の動きに、別のクラブに移動しているにもかかわらず、かなりよく知られている協会の中だ。 私は女性の柱を持つすべてのその慣れていないんだと仮定します。 私は通常、彼らの活躍を応援するので、私たちはお互いを知りません。 私はそれらのいずれかに話し始めると、私はいつも守備位置に入ります。 いくつかの理由がある。

私たちはパーティーのエリアに進みます。 我々は、周りにdräller我々が知っている人を迎える、かなり気持ち悪いビールを購入し、町の祭りに属する他のことをやって。 私の友人は彼のガールフレンドと彼女を呼び出すための長い間に開始されます。 それは理解しやすくなります。 彼女はこの秋にフランスに移動され、彼女はかなりです。 彼らは非常に貴重である。 私はうらやましい。 私もそれが好きじゃたいと思います。 鉱山である誰かがいることになります。 わずか数分。

夜の最後の演奏シーンに表示され、私たちは私たちにはその方法を引き出します。 我々は、いくつかの理由でしばらくの間、分離して、私は別の旧友の外観を参照してください。 それは、カバーバンドです。 私は本当に好きですが、この特定の町であること何もない、何らかの理由で大人気のカバーバンド。 バンドは、おそらくほとんどの時間を認識していても良いショーを打つ。

私は遅れて一人で歩く。 私は、私が思うに、右の地味な、私はビールテントで領域に向かって歩く。 別のカバーバンドだけで演奏が開始されます。 私は私の気分は今大幅に向上させることができ下落しているかどうかを確認するために、利益と損失にそこに行く。 全く予期しないはそうではありません発生します。 私は右のタイトないくつかの新しいハンドボールプレイヤーを満たしています。 私は周りのすべての人々を見て、私は幸せな誰もが思われるか気見たとき痛みを感じる。 誰もがどのような方法で何を持っているように思えません。 少なくともしばらくの間。 私はそれでなくても激しくすることができます。 私は作るし、忘れてはいけません。 私の気分は非常に低いです。 カバーバンドのシンガーが叫ぶとき、私はテントの外に移動しています:

- 任意のハンドボール選手はここにありますか? 空気中に手を置きなさい!

私はほとんど吐く。 町からハンドボール選手あなたはクールなものになることができますか? だから私は、全体の障害の男です。 私は削除したいことだけを知っています。 私よりもすべてのケースでは、醜い人を満たしています。 人々は私が見下すことができます。 それを言ってひどいですが、それは私が感じる方法です。 私は公正なセックスと性交を除くすべてのレベルで成功した男だ。

私はそこから行く、私は私の方法過去の人々に浸透し、私は自殺の準備ができて感じています。 私はそれが何の意味もないことに自分自身を説得する。 私はインテリジェントだと自分を説得しようとすると、相手のホールドを取得するために管理されているすべての多数のクールな人よりも良いに沿って取得します。 私は子供を持つことはありません、と思うに私の遺伝子を渡すことはありません。 私はそれが恥だと思います。 私は私の遺伝子はほとんどの他のものより優れているように私になって、そのために通過する価値があるべきだ。 なぜ結婚が最後に配置されていない? 私は容易に私の両親の選択を受け入れるだろう。 私は、彼らはいくつかの致命的な方法で失敗したかもしれないと思います。

私は中学校の先生を垣間見るようです。 確かに、それは彼女です。 私は彼女を気にしないでください。 ドライヤーは私が何敗者知りません。 侵入寄生虫のように感じたくはありません。 彼女の人生の一部になろうと寄生虫。 私は、ホーカンヘルストリョーム考える。 あなたは私が必要な場合。 今、あなたはそう簡単に私を得ることができます。 それが今mgをどのように適合するかよく考えて。 私は無視して、彼女は私を見て、その後前方に来ることを深くダウンを願っています。

私が知っている人を参照してください。 彼はよく私のいとこです。 我々は寒さであり、私は、誰かが側に私をつまんで感じたときに話しています。 私はすでにそれが誰であるかを知っています。 私はすべての上に暖かく感じる。 それは私のガールフレンドの場合、私のいとこが尋ねられます。 私は答える。

- いいえ、それは中学校の教師です。

私は、スモーランドのすべてのバターのための彼女の名前を考えることはできません。 私は彼女が代わりにハンバーガーのその時言った知っているが、私はそれが何であったかわかりません。 私はチャットを開始、彼が求愛または似たような内のすべての成功を迎えるように私のいとこは、私たちを残します。 私は先生に笑顔で。 私のいとこは、長い間忘れられていた。

彼女はタップ付きの黒のタンクトップを持っています。 FBIは述べています。 彼女は私の耳に口を傾いて、何かを言う。 私は何を聞くことはできませんが、私は彼女がしばらくの間、その位置のままにしましょう​​。 彼女は私を好きかのように我々が愛しているかのように、気持ちいい。 彼女は私の目に見える、そして私はそれを知っている。 彼女は私を望んでいる。 私が感じる喜びは素晴らしいです。 私は前方に傾くと彼女にキスを、彼女はキスで私を満たしており、すべてが完璧です。 我々は立って、そのようなしばらくキス公共の場所で、私たちは透明性が大きくない静かなコーナーに戻るので、後は少し弱いと感じた。

彼女は私の膝の上に私が直面して座って、我々は話をカメラにキス。 彼女は一人であると言い、彼女は我々が会ったことを初めて以来、私のことを考えました。 私が家だと私は寝るつもりだったとき、彼女は尋ねた。 私はバスで行きますと言っている。 彼女は微笑んで、私が代わりに彼女と一緒に寝たくない場合は、僕に訊いた。 このようなことを何を答えるん。 よく私は推測することが私が私が言うことができます。

- あなたがしない限り、ありません! 彼女は少しいたずらでなければなりませんと言います。

私は返事に微笑む。

我々は今、行きましょうか? 彼女はその後すぐに求められます。 私は異議を持っていません。 私の全体の人間がして彼女の権利を持っていたいが、何か良いことを待って、私は思う。 私たちは彼女のアパートにタクシーをご利用ください。 それは中心から少し離れた場所に位置しています。 彼女はタクシーにまで座って、道を示し、タクシーの運転手は少し緑色のようで、あまり良くありません見つける。 タクシー所要時間は多分10分かかります。 誰も何も言わない。 タクシー運転手は何が起こっているかを知っています。 私は彼女のホールドを取得していないときには分後には既に空です。 我々が到着し、私はタクシーを支払う。 彼女が共有することを教えてくれるが、私は紳士的なスタイルを実行して、彼女のお金を受け入れることを拒否することを決定します。

私たちは家に入る。 彼女が家にドアのロックを解除する必要があるとき私は彼女の首の後ろとキスから彼女を抱きしめた。 私は興奮してバーストしようとしてと私は彼女に対して自分自身をこすった。 彼女はすでに重い呼吸と彼女の首や喉にキスをする私のために戻って頭をたれ。 エレベーターの壁に私たちは首。 我々は自分自身をまとめると彼女のアパートの廊下に出て行く前に、それはしばらく時間がかかります。 私は愛撫彼女の体を彼女が彼のアパートのドアのロックを解除するように。 我々はかろうじてドアを閉めるための時間を持っています。 彼女は私のシャツオフリッピングと私のフライのボタンで手探り。 私は彼女を提示し、私のズボンをオフにプルします。 私の立場は、彼の下着を介して明確に表示されます。 私は彼女と同じ待遇を与える。 私は彼女の彼女のタンクトップから取ると、彼女が着ているスカートのジッパーをプルダウンします。 彼女はちょうど下着姿でそこに立って、我々は我々に終止符を打つ。 私は彼女を見てください。

彼女は、整形式で胸とかなり平坦な胃を持って腰を介してスリムが男らしいではありません。 彼女は私と笑顔を見ます。 それから彼女は私の手を取り、寝室に私を取る。 それは明るくレースのカーテンで飾られています。 ベッドは大きいと切妻を持っています。 彼女は彼の後ろに私と一緒に鏡の前に立っている。 彼女は宝石を脱ぐと私は彼女のブラジャーを脱ぐ。 胸は、美しく丸められ、彼女の乳首が硬いですしています。 私は彼女と愛撫彼女の胸から身を押してください。 彼女は私を振り向くとキス。 我々は両方とも同じことを目標に、今熱心にお互いにキス。 彼女が後方ので、私はベッドで背中に着陸することを私にプッシュします。 彼女が追随するのが遅いではありません。

我々はそこに横たわってキス。 彼女は私の上にあった。 私は私に対して、彼女の体を感じて楽しんでいます。 私たちは、信仰の端に向かって移動の動きをゆっくりと、周りにロールバックし、私は彼女の腹上に愛撫彼女の手を。 私は、鼠径部の端に彼女のパンティーの上に手で閉じました。 私は私の手に対して甘い熱を感じる。 私は端に思考のために優しく感じる。 私の人差し指は、ぬれた、暖かい感じを一度に認識します。 ときに彼女の陰唇に沿って軽く私は愛撫、彼女は大きく息をしました。 私は手のひらでパンティの上をエスケープします。 彼女は単にそれを完全に脱いで私を支援します。 Hettesの猫は今バーです。 私は彼女を見て、彼女は私の目に見える。 私の手はゆっくりと彼女の子宮を探りながら、私たちはお互いにキス。 私はキスを終え、私の目標に向かって移動を開始します。

私は最初に彼女の胸にキスして、私たちは彼女のぬれた猫に彼女のへそを続行します。 私は彼女はさらに興奮したように両側に最初になめる。 私は彼女を味わう。 女性にオーラルセックスを与えるよりも優れている世界で何があるかどうか私は知らない。 私は優しくゆっくりとリズミカルな動きとなめるを開始します。 彼女は重く、重い呼吸しました。 私はもっ​​と激しい舐め始めると、彼女は私に対して、彼女の腹部に移動を開始します。 彼女は私の頭の周りを絞り、私はなめるし続けています。 彼女は重い、重い呼吸とベッドの上で痙攣移動しました。 私は完全に彼女はとても角質ことによって、それを楽しむことができます。 私自身は、私が手に入れる方法角質を知っています。 私のコックはまだ難しいです。 私は食事から立ち上がると彼女の目をのぞき込む。 彼女の目は明るく、彼女は再び彼とキスを私に私を引っ張ります。 それから彼女は私の背中の上に置いて下さい。 私のパンツから、高速描画と私のコックをつかむ。 それはハードと直立です。 彼女が私にいたずらっぽく見えると言う:

- 何を持っている巨根!

私はそれを持って知っているし、女の子はそれを好む傾向にあります。 それは本当にハードになるように、いくつかの遅い動きで彼女は悪党に。 それから彼女は私の太ももにまたがって座っている。

- コンドーム。 私は言う。 質問以上のステートメント。

あなたは、病気を持っているか? 彼女はそれから尋ねた。 私は頭を振る。 これは、いずれかの彼女は笑って、言っていません。 彼女は彼のペニスを取得し、その上にゆっくり座る。 私は彼女に浸透する感じは莫大である。 私はすぐに来るけど何とか私はそれを避けると思います。 小さな彼女から来るうめき声ながら、彼女はリズミカルにしっかりと私の乗っている。 しばらくして私はそれが再び起こっている感じ。 私は彼女が落ち着くように求めたが、ちょうどその時、彼女は付属しています。 彼女は大声でうめき声、戻って彼女の頭をスローします。 彼女の体は痙攣で震えていた。 私はもう私を保持することはできません。 私は彼女に私の種子は深くスプレー、それはほとんど目に黒になります。 彼女は私の胸に伏し、私は額に軽く彼女にキスをした。 私は彼女の体重を知っているが、私はとにかくすぐに眠りに落ちる。 彼女が来ると再びダウンしてあることを私は彼女がしばらくの間アップだと思うが、私は半分しか認識している

私は誰かと一緒に寝て慣れていないので、私は次の朝かなり早く目を覚ます。 私は隣に彼女の香りを感じるとき、内部の私を幸せにする。 彼女は私に落ちて、私に対する彼の裸の背中になりました。 私は彼女の体はできるだけ多くの場所として私に対してあるように私を動かしています。 私は私に対する彼女の暖かい肌を感じて楽しんでいます。 私は彼女の髪の匂いを嗅ぐ。 私が目覚め始めているような気がしてパルスが少し難しく打つ。 彼女は続けたいかどうかは知りませんが、私はチャンスを取るよ。

私は彼女の胸を愛撫し始める。 彼女は目を覚ますされませんが、彼女は少し深く息をするようです。 小さな反応は私が手に思えるように彼女の乳首は硬く。 私は愛撫に彼女の乳首を継続し、ちょうどしばらくの間それをしたい。 彼女はすぐに眠っている間に軽くクンクンと鳴いているが開始されます。 私は何かがダウンして起こるがあった場合、私は今感じてあえて。

私は彼女の猫の縁に指を引っ張っています。 私は彼女が濡れて滑りやすいことを知っている。 軽く私は愛撫彼女を彼女はもっと興奮したようにする。 彼女はまだ眠っているだかどうかは知りませんが、彼女はそうしたくない場合、彼女はとにかく何も言いません。 私は彼女のクリトリスをこすりていると彼女は彼の睡眠中にうめき声。 彼女は目を覚ましであるかどうか私はまだ知りませんが、彼女は私に対して彼女のお尻をこすり。 彼女のお尻と私の間に私のコックスライドはhornierとhornierなってきています。 私は彼女のスリットに対して、私のコックとそれをつかむ。 ので、私は人ごみの中を設定します。 先生はうめき声と彼女の空いている手で私のお尻のホールドを取ります。 それでは、彼女はその後起きている。 目を覚まし、できるだけ早く半睡眠の多分広くない。 私はカメラの私は愛撫彼女の胸とクリトリスをしながらと移動を開始します。 私はすぐに来ることを知っているので、私は落ち着いて彼女のお腹の上に教師ロールオーバー。 何の抗議が聞こえません。

私は後ろから彼女を入力します。 私は彼女にハードを実行しながら彼女の耳元でうめき声、彼女の耳たぶをなめる。 彼女は、それはしばらくの間は大丈夫だと思っているが、その後彼女と私の両方が退屈と考えています。 彼女はむしろあなたの膝の上よりの略で、動物が別の場合と同様に私は彼女を取る。 私は彼女のハードフィットお尻とポンプを握る。 それは彼女のうめき声と彼女のアーチを参照して聞くことが信じられないほどエキサイティングです。 私はそれが再びステータスバイトの時間であると感じ、私は彼女の背中に彼女を入れてください。

彼女は私に嘘と笑顔のように美しいです。 まだ少し離れていない完全に目を覚まし。 私は彼女に浸透し、我々は、宣教師の位置にあります。 私は移動を開始したとき、彼女はjuckar受け取る。 我々はすぐに猛烈なペースを持っていた。 彼女はすぐに私たちの性行為として短い小さな悲鳴を悲鳴を開始し、私はほとんど少し隣人が文句を言うでしょうかと心配だけど、私は十分なskrikens強度を少し誇張。 私は非常に彼女の悲鳴によって励起されていると私は私のコックの周り彼女の猫のステープルを感じることができます。 それから私は彼女に入って来る。

私はポンプのように角質です。 私のコックは十分持っていない。 それはまだ非常に難しい。 私のパートナーが不足している、と彼女は今fuckdollようなものです。 彼女がバンプすることはできませんが、彼女はちょうど、私は彼女の猫を楽しみながら、うめき声​​です。 だから私は再びます。 今回は、強力なオーガズム私ステープルを取得し、私は​​上の喜びの洗浄の波を感じています。

私たちはベッドに横たわっていると、しばらくの間うとうとするので、時計は朝8時の後にまだ長いではありません。 唯一の十時にできるように先生が周りにロールバックし、優しくキスをした。 彼女は私の手を取り、私を私をプルアップと抱擁。 彼女はホールにとシャワーが迫っている浴室に私をリードしています。 私は昨日のパーティーの後、口の中に少し乾燥したよ。

私たちは、シャワーに裸上昇します。 私が初めて彼女その後。 私はマウスピースは私の高さに合うように少し低すぎる置く。 私は水を開始しながら、彼女が後ろから私を続けている。 それは最初は寒いが、その後次第に暖かくなります。 私は完全に熱から少しいたずら好きな、ネジになろうと決心。 水が急に冷たいになります。 私が振り向くと、彼女を抱擁。 それから私はシャワーに後方に素早くステップを登る警告なしで実行されます。 熱衝撃は合計です。 彼女は悲鳴と出しようとしますが、私は彼女の笑っておく。 私は再び熱を引き出し、としてではなく、すぐに私は小学校教員に戻ると抱擁私をリラックスさせ感じる。 あなたはあなた。 彼女は呟くと、キスをくれ。 私は笑って彼女の背中にキスをした。 私は私の目の前で彼女を入れて、彼女は私にプルアップします。

私たちは、ああ我々が目を覚ます方法を知っている水は私たちの性交の香りを洗い流しましょう​​。 私は、腹部と太ももをそっと愛撫に彼女を開始します。 彼女はお尻の周りに締めされる場所を、彼女は私を愛撫する。 はい彼女の膝に手を動かし始めると、彼女は私のコックを介し愛撫し始めると、彼女は喜んで、彼女の小さな足を広げます。 突然すべては再び寒さになります。 彼女が振り向くと激しくので、私は冷たい水をオフにすることはできませんが私にキスをした。 屋台自体はかなり早く消えて表示するために始めた。 私は感覚するつもりだし、再度お湯に笑って引き出します。 先生は笑って、それは復讐であったこと、私が以前に包まれた道を歩み続けるべきであると述べた。 私たちは快適な暖かさでシャワーを浴びている間、彼女は再び私に背中をオンにします。

私は今、彼女の猫に直接行っていないが、私は愛撫に彼女の体の残りの部分を起動します。 すぐに私は再び私のコックの周りに彼女の手を感じると私は彼女の猫のマッサージを開始すると答えますので。 彼女は悪党私は良い。 私は通常ほとんどよりも美しい。 私は大きなへまを取得し、私は​​彼女のお尻に対して自分自身をこすった。 彼女が振り向くと、私はより多くの決定ジャッ​​キを開始します。 彼女は私の前に彼の膝の上にシンクとお口の中で私を取る。 彼女は優しく、しかししっかりと私をmunknullar。 気持ちは合計です。 私の夢の女の子がシャワーにひざまずいて、私を吸うされています。

私は彼女の脚とキスを移動する。 それから私は彼女を持ち上げ、私は彼女に入ることができるように、彼女は彼女の足を広げます。 私は壁に彼女をプッシュし、特定の動きに直面している。 彼女は私の背中を愛撫し、私の髪にしました。 私はすぐに腕が疲れてしまうので、私は彼女を失望させ、彼女はシャワーブースの壁に彼女の手で立っているので、henenになります。 私はと入力し、シャワーの壁にポンドようにと移動を開始するとき。 彼女が最初にsvankarしかし、私は壁に彼女を押してください。 私は必死に今クソと彼女はjuckarできるだけ受信します。 私はすぐにし、私は中学校の先生にもう一度私の種子の吹き付けを行います。 彼女が振り向くと笑う。 我々は互いをソーピング、私たちからそれをリンスしています。 両方が満足しています。

彼女は朝食に私を招待します。 私は下着をダウンロードし、それらを置く。 彼女は私の目の前で彼女のバスローブに座っている。 私たちはお互いの向かい側に座っている。 私は私の足で彼女に触れていると、彼女は私を愛撫する。 我々はそうであり、我々は無言で食べる。 私たちは、笑顔、今してお互いを見てください。

私たちが食べ終わったとき、それは私が行くのは時間です。 私は、少なくとも彼の服を変更するにはしばらくの間、家に帰る必要があります。 私は何をすべきかわかりません。 私は彼女の約束を請求しません。 それはちょうど彼女のプレイでしたか? 彼女はその日後に戻ってくる約束に私を強制するようなすべての思考は消えてしまいます。 私の幸せはとどまるところを知らない。 私は6ヶ月間海外に行く​​よと言ったていませんが、後で問題があるかもしれません。 今私はそれを気にしないでください。

私は一時間後かもしれない家に帰る。 私は私に持っているとして臭いより快適なものに服を変更します。 誰も家ではない、それはかなり良い感じ。 私は再び教師に上寝たい感じが、私はわからない。 それは電話して物事を尋ねるしてもかまわないかどうか私は知りませんが、私はとにかくそれを行う。 彼女は彼のキュートなアクセントで応答し、小さな男の子の言語を話しています。 私は再び今夜は眠ることができれば私が尋ねると、彼女はそれ以上何も望んでいないと言います。 私は内部のライトアップ。 我々は時間のバスの駅で私を拾うために彼女を補う。

私は、今後の夜について考えながら、私は町にバスを残す。 何が起こるべきである。 それは奇妙な感じでしょうか? バスが到着し、私は、窓から彼女の赤いカローラを参照してください。 彼女は私を見たとき、彼女は車から繰り返します。 我々は会うとハグ。 彼女が口に軽くキスをした。 それは多分そう驚くことではありませんので、あとずさりする人今昨日よりますが、そのアルコール含有量の両方がして有意に高かった。 彼女は街を静かにかつ安全に駆動します。 私たちは食べ物を買うために停止する必要があります。 我々は軽い食事を購入するので、彼女は明らかにない家庭を持っていません。 彼女も私もない我々は食欲がないと言っています。 私は食べることよりも、性交すると考えるように私は、彼女ことを願ってと考えています。 私はちょうど彼女が私を吸ったとき、彼女が見たどのように考えて入手困難。 私は今、彼女を見てください。 彼女はタイトなマルチカラーのTシャツと黒のズボンのパーティーを持っています。 短い髪は、ヘッドバンドで設定され、彼女は薄化粧を持っています。 それはとても単純に見えるにもかかわらず、彼女は確かに多くの時間を費やしてきました。 私は彼女と驚異を見てください。 どのような甘い生き物は私のようにすることができます。 私は背が高いと骨です。 かなりgrovmejsladと密接セット目で。 私の低い自尊心が判明したが、彼女は少なくとも少しそれを助けています。

我々は、野菜のカウンターであり、私たちは野菜を買います。 私は後ろから彼女を抱擁。 私は彼女が私がタフだと感じていることに注意してください。 彼女は私のコックに対して少し控えめなそのお尻をこすり、それ以外は完全に手付かずのようである。 私はアスパラガスが好きなら彼女が尋ねられます。 私は彼女がバスケットにアスパラガスを費やし、その結果、試したことがないと答える。 私たちは日曜日の買い物にある本当のカップルであるように感じている。 彼女は私の手を取り、私たちはチェックアウトに進みます。

旅は今、先生のアパートを続行します。 我々はそこに着くと、私は食料を取る。 彼女は私の手を取り、我々は、家の中に、エレベーターに移動​​します。 エレベーターの中で彼女はキス私と笑顔を。 私はとても幸せな気分に。 彼女はその後になると私は買い物袋を思い付くことができるようにドアが開いたままにします。 私が歩くとき、彼女は私のお尻を撫でられ、彼女は私の後ろのドアを閉じます。

中間先生に投票する:
Usel!GodkändBraMycket braSuverän! ( 373 röster, snitt: 3.91 av 5)
Loading ... 読み込み中...
sexnovellの言う レポートを!
類似したmatrixjoga:
  • Vi kunde inte hitta någon liknande novell

36 svar to “Mellanstadielärarinnan”

  1. Jossan:

    Härligt novell!!

  2. virago:

    Bra, inge sjukt rakt på som i riktiga livet.
    Låt mig drömma om andras elände.

  3. Stef:

    Härligt skrivet med mystik och känsla i stället för pang på och könsord :)

  4. Balder:

    Vacker, verklighetsttogen berättelse som befränjar människors värde. Mer sånt!

  5. erik:

    grymt bra! härligt med inlevelse! de enda jag undrar är om författaren är kille eller tjej med mycket info om hur killar funkar! (alltså, om kille är det ingen som helst diss. du är ovanligt.. duktig bara!)

  6. Linnea:

    Grymt bra story, välskriven och “verklighetstrogen”. Jag älskar hur du tar lång tid på dig med berättelsen och långsamt bygger upp en stämning, samt hur mycket betoning du lägger vid alla känslor och tankar runtomkring.

  7. rick:

    Bra novell. Men du tyckte inte hon tog i när hon köpte en sparris? :)

  8. Flames:

    Tja svinbra story. Jag kan verkligen föreställa mig hur det var. Bra beskrivning. Fortsatt så. 5 poäng.

  9. Klasse:

    väldigt bra. det är en sån dröm som man själv vill uppleva.

  10. Robban:

    Väldigt bra novell må jag säga. Jag har själv upplevt en liknande sak. Men i alla fall, din novell var väldigt bra och inlevelsefull, mycket känslor var med. Men det bästa var ändå hur du berättade allting, detaljerat och lite varierande mn annars väldigt bra. Du skulle kunna skriva en Vuxen-bok om händelsen, fast då med mycket mer bakgrund och kanske ÄNNU mer känslor och detaljer, själv tror jag att det skulle gå väldigt bra och jag skulle nog köpa boken om du gjort en.

  11. Micke:

    Haha, riktigt bra novell! Gillar verkligen den detaljerade beskrivningen på allt;) skriv fler vill se mer sånt här

  12. My:

    åh! vilken mysig novell! perfekt slut så man liksom får tänka vidare själv vad som ska hända. riktigt mysigt skriven med alla svallade känslor och så. den lämnar efter sej ett varmt skimmer inombords. :)

  13. Al:

    Underbar novell! En välskriven novell med riktiga känslor, och jag blev helt till mig av lycka när citatet av Håkan Hellström dök upp!

  14. marer:

    Riktigt bra..riktigt mysigt.. underbar berättelse. (säkert äkta kärlek)

  15. tjej:

    Ojojoj .. skit bra novell.. inte som alla andra utan mer känslor en .. högsta poäng! :D

  16. Anders:

    Det var som fan va bra den var, fler noveller som den här snälla :)

  17. Klas:

    Bra, men varför måste det alltid svartna för ögonen…

  18. Flicka .:

    Bra skrivet :)

  19. Sex gud:

    Nice story ;-)

  20. マリン:

    Bra novell!Detaljerad och med mycket känslor.. Som sagt bra där!

  21. Danny:

    Kanon läsning

  22. Anon:

    Otroligt bra, fina beskrivningar. Trevligt att se en novell där mannen inte är Pimp och kvinnan slampa. :) Väldigt bra gjort, 5 poäng!

  23. Mattias:

    Det var den bästa novellen jag läst, du har verkligen känsla för den här typen av texter.
    Hoppas du kommer skriva mer, du har så otroligt bra detaljerade meningar att det bara måste finnas ett författarhuvud bakom luggen! Du får lätt fullpoäng av mig, synd att man inte kunde ge mer än 5 :)

    Ha det underbart och lycka till med livet!

  24. John:

    SKITBRA novell……Speglar lite som det är “in real life” så att säga.

  25. Erika:

    Den bästa jag har läst hittills!!!

  26. kukuku:

    Lärarinnor är bäst de säger alltid det här tar vi en gång till.

  27. Singelrunkarn:

    Grymm novell;-) riktigt skön!

  28. Emelie:

    Helt otrolig, den bästa novell jag någonsin läst! Älskar hans osäkerhet :)

  29. mr virgin 17år:

    åh! så härligt!

    lite lång i början men så jävla härlig i slutet =D

  30. Andreas:

    Fruktansvärt bra tyckte jag att den var.
    Fler sånna noveller tack! = D

  31. Andreas e bäst:

    OTROLIGT BRA FORTSÄTT

  32. TACK SOM FAN:

    Kändes som riktig kärlek. tillochmed så man själv blir kär i denna lärarinna.

  33. werner:

    Fin novell. För en gångs skull en berättelse som verkar trovärdig.

  34. thed:

    Jag skulle fundera på denna story om den va sann när kvinnan inte va före mannen, det jag har lärt mej som är 62 år är att det gäller att det ska gå för kvinnan innan det går för mannen, men jag kan ju ha fel

  35. Bajee:

    jävligt bra skrivet

  36. Tommy:

    En underbar novell som verkar trovärdig.

Kommentera Mellanstadielärarinnan