のぞき

この物語は私が住む小さな町で、秋に現在行われ

今では夜と寒いと寒いで暗くなるとするときに、彼らは主に内部で、まだ処女の高校にあり、私のような男のために座ってこれを行うには何もありません、私は少なくとも3回オフけいれんすべての時間をとても軽く角質になる彼らはいくつかのクソまたは単に女の子タイトな服を着たが、しばらく前に私はその新しい何かを思い付いたプログラムを見つけるのを期待してテレビのチャンネル間を移動するようにあなたがオフけいれんしながら見て何かを持っていますダン、あなたは常にhornier取得非常にエキサイティングですが、私の両親が家ではありませんとき、私はのみ行うことができます[ ...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (25票、平均:2.64 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

ウィンドウ修復パイズリ

その後、私は無職です、私がように私の資金を得るために私の上に奇妙な仕事の多くを撮影したので、長い間されている満たして終了します。 それは私が持っていたことをすべてのジョブの種類されている。 掃除機からもうるさいしないレストランでウェイターに至る。 しばらくの間、私は会社への窓として働き、経験を多くのものを得ました。 エキサイティングな楽しさと快適の両方。 私は非常に特別な理由の非常に特別な何かを覚えている。 [...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (17票、平均:3.88 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

誕生パーティー

それは私のガールフレンドのマリアの誕生日だった。 我々は、彼女は一日中自分を制御していることで合意しました。 彼女は鮮やかな想像力があったのでので、私は何でも期待していた。 夕方には、玄関の呼び鈴が鳴った。 私が行って、それを開け、外に立って、アンナ·マーティン。 私たちのカップルは時々一緒に時間を費やしていた。 どうやら、アンナと私のガールフレンドは、もう少しお互いに話を聞きました。 私は、彼らはただコーヒーを飲みに来ていなかったことをすぐに理解。 [...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (6票、平均:2.83 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

カラフル

家をペイントすると、右側の夢の仕事ではありませんでした! 少なくとも、ラッセ、それを好きではなかったが、それはまだ実行する必要があるものだった。 彼の妻、レナ、多くの議論の後、少なくとも使用される色と色相に合意した。 -存在下で、家族や固定点の形成が間近に迫ったとき、彼ら自身は、彼の若々しい日に家を建てました。 子供たちはここ数年、いくつかの、成長したとラッセと彼の妻の両方がちょうど50マークを通過した。 [...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (9票、平均:2.89 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

4

四私はちょうど22歳になった女の子だし、私は私の誕生日をご紹介させていただきました。 私は最後のゲストの後にドアを閉めて吹かし。 最後に我々だけであった。 私は、男は、ジョンが座っていたリビングルームに行き、どのような夜に行うには彼に尋ねた。 彼は我々がよく食べ、ちょうどテレビの前に座って笑顔と考えていたhaddeと述べた それから彼はシャワーに私を追いかけて、彼は私のために服を着てで来ると言いました。 私はシャワーから出てきたとき、彼は確かに私に服を入れていた[ ...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (6票、平均:3.17 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

完全にレネと-自転車旅行の継続

シャワー朝はレネを行なったし、私たちはお互いに感じたものを非表示にするには、no試行後。 我々は、抱きしめてキスをし、それが関係の始まりであるとして、その一般的に薄いようだった。 我々は数回をかわすことを試みたが、高度なsnogging以外のための十分な時間を得ませんでした。 我々がキャンプに来て、次回までにやったことがなかった。

燃える夏の太陽の下で一日中乗った後、私たちのほとんどはかなり汗をかいたので、すべてを一度にシャワーにトークンを買って[ ...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (10票、平均:3.70 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

スナックタイム

私はちょうど所有者と私を加えた一人の従業員への町で、ここより小さい車の修理店で働いています。 ときにそれは私とある夏の労働者の良いことだので、今の休暇時間です。

カリンは彼女の名前であり、ほとんどの場合、18歳ですが、彼女は学校に行くが、やりくりするために夏の仕事を持っていた。

彼女は3週間前に私達に参加したとき、彼女が参加するだろうている3つの非常に奇妙な男があった与えられた、おそらく驚くべきことではないので、かなりの恥ずかしがり屋だった。 [...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (20票、平均:3.65 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

朝食ファック

それは二年前の夏だったと私は、中央スウェーデンのホテルで朝食をホストとして働いていました。 私が部屋をノックした朝のように、その小柄な老婦人は、最小限のほとんど透明なローブを着て、オープンしました。 彼女は少し年上でしたが、私は彼女の体は私が見た最もセクシーなのひとつだと思いました。 大規模な、完全な胸と私は前に経験したものの中で最も外側にあった腰。 私は何もないふりをしようとしに行き、テーブルの上に朝食のトレイを入れて、その後私は自分自身を中座し、離れてこっそりしようとした。 [...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (9票、平均:3.56 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

金曜日の夜!

これは私が朝食を食べて、いつものように仕事に行って、それはいつものように帰って思った他の日のような普通の日となります。 私はドアの前に到着したちょうどその時電話が鳴った、それは、金曜の夜と呼ばれ、私は外出してVAのビールを持っている、すべての後にしたかった私の仕事仲間(女の子)だったと私ははい、もちろんだので私はとても退屈していた私はいくつかの簡単な焼きそばを取得して、シャワーにするために急がなければならなかったので、彼女は19で時間を来て、私を選ぶだろう。 [...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (3票、平均:5の2.33より)
Loading ... 読み込み中...

フランクフルト

我々は、フランクフルトに本社を置くされており、私がそこにいる時、私はいつも彼らを介して予約ホテルがありました。 今では私が思った、結婚しての訪問は完全にプライベートだったなっていた上司であったホテルを予約することであった、それが本社ではなかったではなかったので、私は空港から呼び出され、彼らが予約したところ不思議に思ったときに、私が入り込む余地はなかった気づいた。 秘書はそれをフランクフルト忘れるには、オンザフライで3泊の周りに呼び出すことがあったが、無駄に、ホテルの部屋[ ...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (8票、平均:5の3.00より)
Loading ... 読み込み中...