仕事で一日

当事務所は、受付係として働いてマリンPerssonの、名前の女の子です。 彼女は20歳の背の高い、かなりの女の子です。 私は午前中に到着したときに、今週の金曜日、私は彼女の目に会った。 彼女は同じ色の短いスカートと栗色のジャケットを着て、机に覆いかぶさるされました。 はいそれは非常に短いスカートだった。 彼女の長いほっそりした脚は黒いストッキングのペアで身を包んだ彼女が上に革のブーツを持っていた。 彼女は信じられないほど新鮮でセクシーに見せていた首の長い髪を、我慢していた[ ...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (21票、平均:3.29 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

デイ·アフター

スザンヌは、彼女が単調な欲望によって寿命を燃やしていると考えいくつかの理由で、彼の睡眠に不安ねじれ。 彼女は体が目を覚ました直前にあったように何かが彼女のぬれた猫のうちに動いていたかのように睡眠の国境では、それは彼女のように見えた。 彼女の体は自分の人生を生きるように見えた彼女の腰を上下​​、ロッキングモーションで移動し、感情がより強くなりました。

cooing音と、彼女はに伸ばした。 突然、彼女は広い目を覚ましました。 [...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (9票、平均:2.89 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

私が住んでいる寮の翌日、私たちは今のところ私は何が起こったのかを教えてあげましょう、2ヶ月間、パーティーされていませんでした。 最新のpartysは朝3-4にやっていた、私は最上階に風のアパートを持っているボディルの苦情、50代のParant赤毛の女性を、受けていた。 ボディルは覚えている限り、機関で働​​いており、彼女は冗談めかしてドラゴンは完全ではありませんと呼ばれていました。 誰もプリーツスカート、靴、ジャケット以外で彼女を見なかったが、それはニックネームの理由だったかだけではなかった。 [...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (6票、平均:2.67 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

デイドリーム

雨が水浸しになりました彼女の白いTシャツのみんなに作った。 大きな若いハード胸は重力を中断し、乳首はまっすぐ指摘した。 暑い午後の夏の雨が彼女の体を冷却していたと乳首がまっすぐに立っていた。 彼女はかなり早く帰って行き、学校が終わったと、彼女は既に濡れていたので、彼女は宿題をして素敵なシャワーを取るだろう。

アンナは、常に自分自身で成長していました。 11歳、早ければ、彼女は第百八十五の長さに達していた[...]を読み取りsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (11票、平均:2.18 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

マレンスターゲイザー

ビヨンは、彼の眠りから覚め、彼は今、長い時間寝ていました。 通常、彼は三時の周りのどこかに何度も何度も、彼らの状況と彼らの生活を通してために嘘をつくことがあると思っていた。 彼は8であったので、彼は、7時に起き、その必要な濃いコーヒーを飲んで仕事に行くだろう。 他の人々はそれが信じられない単調な仕事だったと思い、立って、パックと倉庫に部品を出荷したが、彼はそれが好き。 彼は、梱包、リズムに乗って、それが自動的に行って送った、彼が働いたときので、彼はまったく仕事について考えていませんでした。 [...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (5票、平均:3.20 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

ジョンについての空想

時には、時衝動ストライク驚い取得し、完全にあなたが集中力を失うことができます。 それは想像をトリガし、普及を開始する私の体に暖かい感じを得るためにかかる少し。 私は、鮮やかな想像力を持っているとしばしば考えるとセックスについてお気軽に。 紙と離陸白日夢でおなじみの名前です。

私は午後に自宅で時々仕事、それが彼らの同僚との接触を必要としない私の仕事のその部分に従事するには、レジャーでのうれしいです。 [...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (4票、平均:2.50 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

白昼夢

擬人horniness自分で滑るように、あなただけのシームストッキングのペアと高く、シャープな靴を着用し、部屋に入る。 あなたが私に期待したいと来て、言っています! 愛撫私の足! 私の手の中にシルク感は、他のすべての思考が、私の頭蓋骨のうちに吹き飛ばされるようになります、私は考えることができる唯一の​​事はあなたです!

私の指は、洗練された、ほっそりした脚を上下にゆっくり歩いて、あなたは私のタッチで少し揺れる。 したがって、停止するように言ったと言う、あなたはすぐに戻ります。 [...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (3票、平均:2.67 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

自転車バケーション、パート2

シャワー朝はレネを行なったし、私たちはお互いに感じたものを非表示にするには、no試行後。 我々は、抱きしめてキスをし、それが関係の始まりであるとして、その一般的に薄いようだった。 我々は数回をかわすことを試みたが、高度なsnogging以外のための十分な時間を得ませんでした。 我々がキャンプに来て、次回までにやったことがなかった。

燃える夏の太陽の下で一日中乗った後、私たちのほとんどはかなり汗をかいたので、すべてを一度にシャワーにトークンを買って[ ...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (5票、平均:3.40 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

自転車バケーション、パート1

私は20歳だったとき私が持っていた素晴らしい夏の体験を伝えると考えられている。 我々は、ウェットとドライの時間を過ごし、一緒に最もクレイジーで楽しい事を思いついた男と女の束だった。 これが発生した場合、それが高い夏とスコーネの周りの週のサイクリングの休日のため全体のギャング出ていた。

休暇は、我々は限り我々が望んまたは可能性があり、翌日から私たちは森の中で直接キャンプで次の、散在してキャンプを行っていた日に決め、泳いで我々はそれを欲しいときに太陽を周回遅れに乗ったということでした。 [...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (7票、平均:2.43 5のうち)
Loading ... 読み込み中...

Cissi

私が住んでいる場所の近くに湖に風呂に入ったとき、これは昨年の夏に起こった。

私はしばらくの間私をオフ湖とクールに自転車を降ろすことにしましたので、その日はとても暑かった。

私は25歳の少女が水で小さな岩の上に日光浴、横たわっていること見ることができるので、私はしかし、本当のビーチを持っていない湖に着いたとき完全に森に囲まれています。

驚いたことに、私は彼女が自分自身にはビキニトップを持っていませんが、彼女は太陽の下で彼女の背中に横たわっていたとして、彼女の胸を完全に表示されていたことがわかりました。 [...]リードsexnovell»

Usel!GodkändBraMycket braSuverän! (13票、平均:3.38 5のうち)
Loading ... 読み込み中...